札幌で個別指導塾開業を目指す三十代男性の日記
 現在、札幌在住の30代の私(40代突入しました)が、個別指導塾開業を目指す過程をブログにしてみようと思いました(開業しました)。教育関係のことなどもいろいろと書き込みたいと思います。 リンクフリー
部活動と頭の悪さの関係  部活動の問題点その4
 最近、部活動などでの運動で、どこまで知的能力が下がるかということについてとても関心があります。運動する人が短命の傾向にあることは、広く知られていることだと思いますが、運動によって、どこまで頭が悪くなるのか、塾をやっている身としては、とても興味があります。脳みそ筋肉という言葉も、あながち的を得ていない表現だとは思っていません。

 運動により発生する活性酸素は、細胞全体を攻撃しますが、脳細胞の場合、どこまでダメージを与えるのか。毎日毎日、汗をかく運動が、どの程度の数の脳細胞を死滅に追い込んでいるのかに興味があります。測定技術が進むのが待ち遠しいですね。
 体の各部位に影響を与えるから、いろいろな病気になったり、将来のガンのもとをつくるのでしょう。現代の病気の約9割に活性酸素が絡んでいると言われています。
 明治時代からの人の大規模調査でも、体育会系は、すでに20代の段階から、それ以外の人達より早死にです。50代あたりにたくさん亡くなっています。そういえば、昨今もスポーツ選手の50代くらいでの訃報をニュースでみますね。

 今の小中学生の場合、早い段階から部活などで過度の運動をしています。就寝時間も遅く、そのため、メラトニンのような抗酸化物質の分泌も少ないでしょうから、医学の進歩が追いつかなければ、死亡のピークが40代くらいまで早まるのではないかと思っています。

 NHKの特集をみましたが、大人でも過労でうつとか、過労自殺があるというのに、どうして子供だと、頑張れとか言って追い込むんでしょうね。
 ブラック企業ならぬブラック部活でしょ。完全に。
 給料なし、しごきあり。場合によっては、死亡。そして成績を維持できなくて、コネもない人間は、将来フリーターか無職まっしぐら。人によっては、ホームレスになるために頑張っているようなものです。部活の時間にも、限度というものがあると思います。

 だから、他国の人間が、日本のアニメを見て、部活って本当にあるの?、ファンタジーだよね?って思うんでしょうね。親世代が、一億総中流だった時の意識が抜けていないんでしょうか。部活やってて、成績悪くても、それなりに就職できた時代の感覚のままなんでしょうね。

 以下の記事にコメントが来ていたので、ここで返しておきます。

 部活忙しすぎて偏差値50程度切る子の入塾を制限しようかなあ……


 コメント

 勉強もしっかりやってほしいのに…

 「部活は生徒が自主的にやるもので、学校の正規カリキュラムではありません。部活を息抜きや趣味的活動とみるなら、テレビゲームを楽しんでいるのとなんら変わりありません。」そうなんです。そういうものであるはずなんです。

 ところが全国の6割の中学校は全生徒に部活動を強制しているそうです。岩手なんて県教委通達で県下全中学がそのようになっています。あげく、それに輪をかけるようにスポーツ少年団とか育成会とかという地域社会体育団体が連動していてほぼ全員がそちらにも加入し学校の部活時間の単純延長や休日練習の方便になっている地域(これは岩手に限らず)もあります。

 私の住まいの学区がまさにこのW攻撃でしかも運動部しかありません。札幌周辺なり北海道はどうなんでしょう?やりたいならともかく、やりたくないのに部活動、やりたくないのに無休日長時間練習で勉強が追いつかないようなお子さんたちはいないのでしょうか?



 ほぼ全員ということは、中学の部活に入ったら、半強制的に少年団や育成会とかいう流れなんでしょうね。ほとんど児童虐待みたいなもんですね。
 部活と病気の関係の記事は、今度、もっと詳しく書くつもりですが、中学だけで済まず、あとあと影響を与える可能性が極めて高いと思っています。部活強制加入反対連盟でもつくってはどうですか?
 
 岩手も長野も、2014年の全国学力調査を見ると、小学校から中学校に上がると、大幅に順位を落としていますね。朝練禁止令まで出した部活が過熱している長野より、小学校時代は上だった岩手が、中学になると長野より下になっています。正答数で、小学校時代13位だったのが、中学では37位です。長野は16位から31位。
 長野が岩手よりも落ちていないのは、部活がひどすぎて、1年次での退部者が多いからでしょう。調査は中3ですからね。

 岩手は、都道府県別運動部加入率、男子、女子、それぞれ2位と1位なんですね。思考力の伸びの鈍化か顕著だと思いますが、教員達は、この結果をどうとらえているんでしょうか。

 札幌の中学で強制とかいう話は聞きません。帰宅部も普通にいます。習い事も多いので、素人の先生がやっている部活ではなく、きちんとした所に習いにいく生徒もいます。

 札幌は、あちこちから約200万人近く集まってきた比較的新しい都市ということもあり、あまり地域のしがらみというものがありません。これが、少数の地方都市だと、周りの目もありますから、前例になっているからと、ただの惰性で続けているものでも、覆すのに相当のエネルギーがいると思います。
 北海道も地方に行くと、部活に熱心で、成績が下がる傾向があります。学力調査の順位の低さも地方都市の学力の低さが大きく影響しています。

 札幌の場合、あまりに勉強できないと公立高校に入れません。公立はなかなか定員割れしないので、お金のかかる私立にいくことになります。そのため、部活なんかやっていたら、公立は無理という生徒が一定数存在します。
 教師側も、私立行くお金ないので、塾や家で特訓などしたいと言われたら、部活の強制とかできないと思います。私立行くお金がない場合、中卒または、定時制高校になってしまいますからね。お前は、全日制公立高校に行けなくていいから部活やれとは言えないでしょう。

 一度部活に入ってしまって、先輩が怖く、やめるにやめられず、成績が下降していく生徒たちはいます。長時間拘束の部活やっている子の成績を上げるのは、ほとんど不可能です。物理的に勉強する時間が取れませんから。北海道の場合、中1から内申の積み重ねがでかいので、生徒によっては、入った部活で、中卒または定時制が決定です。

 私立国立合わせて、医学部の合格者に占める私立の生徒の割合が8割を超えたと言われています。公立が部活に熱を入れている間に完全に差をつけられた感じです。
 上を目指したい子の能力を部活が潰しているという側面は、多分にあると思います。


 部活のやりすぎで将来不妊  部活動の問題点その1
 
 授業より部活に夢中な教師 部活動の問題点その2

 部活のせいで不登校 部活動の問題点その3


 前回の答え

 正解は4の体言止め


 第92問

 次のうち現在完了形が表すものとして、不適当なものは次のうちどれか? (高校英語)

 1 完了 
 2 結果
 3 経験
 4 継続
 5 原因
関連記事


スマホ汚染

新宿で女子大生が大量に倒れる

死を生み出している産業

札幌麻生個別指導のホームページへ
ブログタイトルをクリックすると新しい記事から順に読めます
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://sapporoedu.blog74.fc2.com/tb.php/964-dd6a3fb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

にほんブログ村 教育ブログへ
リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



カテゴリー



FC2カウンター



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
68位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
6位
アクセスランキングを見る>>



プロフィール

sapporoedu

Author:sapporoedu



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログランキング

FC2ブログランキング



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる