札幌で個別指導塾開業を目指す三十代男性の日記
 現在、札幌在住の30代の私(40代突入しました)が、個別指導塾開業を目指す過程をブログにしてみようと思いました(開業しました)。教育関係のことなどもいろいろと書き込みたいと思います。 リンクフリー
部活忙しすぎて偏差値50程度切る子の入塾を制限しようかなあ……
 以前からずっと考えていたのですが、学校の部活が忙しすぎて、偏差値50程度を切る子の入塾を制限しようかなと……

 理由は単純です。成績を上げようと思っても部活のせいであげにくいからです。テスト前などに多く呼ぶにしても、その時間は、まじめに勉強している子を呼んだりして使うべきではないかと思っていました。
 学校は勉強する所です。適度な部活ならいいですが、度が過ぎている部活が多すぎます。それに拍車をかけてるのが教師。学校の全科目の授業時間より部活の時間の方が長いとか異常です。

 部活は生徒が自主的にやるもので、学校の正規カリキュラムではありません。部活を息抜きや趣味的活動とみるなら、テレビゲームを楽しんでいるのとなんら変わりありません。遊んでいる子よりまじめに勉強している子に時間や労力をさきたいと思っています。
 経済的な理由もあり、国公立大学しか行けないという子達もいます。成績はそれなりにいいのに、国公立受からなければ、高卒で就職という子達がいます。自ら部活で遊んでいたい子や、中学高校で教師にのせられ遊びほうけている子より、こういう子たちのためにこちらも頑張りたいと思っています。 

 部活で高校を選ぼうとする生徒が出てきたり、部活加入率を誇る学校とかが出てきたり、中学高校がレジャーランド化しているように私には見えます。果ては、大学入試にまで、部活を含む課外活動の実績を入れようとか……

 課外活動で選ぶなら、勉強関係ないですよね。もはや、入る所が大学である必要がないような…… 大学の講義についてこられないようなのを入学させて、大学で高校レベルの補講とか、税金の無駄遣いです。AO入試で入った生徒の6人に1人が中退という現実……

 ところで、部活の実績って、平等に評価できないですよね。同じ都道府県大会ベスト4でも、種目によって競技人口も違います。都道府県によってベスト4になる難易度も違います。全国から受験者が集まる大学の場合、どうやってそれを公正に評価するのでしょうか。
 今の日本の点数勝負の大学入試を、不正が起きにくい入試だと評価する声もあります。主観が入る余地が大きい入試だと不正が起きやすいでしょうね。

 話しを戻して、まあ、部活やりすぎで、成績が悪い子は、先にやることがあるだろうということです。
 自らが遊んでいて成績を落とした分の補てんをこちらがする必要もないだろうと。その労力を真面目に勉強している子達のために使いたいと思っています。特に国公立大学以外あとのない子達のために。


 前回の答え

 正解は2。childの複数形はchildren。


 第69問

 イタイイタイ病の原因物質は次のうちどれ? (中学保健体育)

 1 有機水銀
 2 硫黄酸化物
 3 イタイイタイ菌
 4 カルシウム
 5 カドミウム
 
関連記事


スマホ汚染

新宿で女子大生が大量に倒れる

死を生み出している産業

札幌麻生個別指導のホームページへ
ブログタイトルをクリックすると新しい記事から順に読めます
この記事に対するコメント
Re: 勉強もしっかりやってほしいのに…
コメントありがとうございます。

「部活動と頭の悪さの関係 部活動の問題点その4」という記事にコメントへの返信を載せましたので、よかったら見てください。
【2015/01/21 06:50】 URL | sapporoedu #- [ 編集]

勉強もしっかりやってほしいのに…
「部活は生徒が自主的にやるもので、学校の正規カリキュラムではありません。部活を息抜きや趣味的活動とみるなら、テレビゲームを楽しんでいるのとなんら変わりありません。」そうなんです。そういうものであるはずなんです。ところが全国の6割の中学校は全生徒に部活動を強制しているそうです。岩手なんて県教委通達で県下全中学がそのようになっています。あげく、それに輪をかけるようにスポーツ少年団とか育成会とかという地域社会体育団体が連動していてほぼ全員がそちらにも加入し学校の部活時間の単純延長や休日練習の方便になっている地域(これは岩手に限らず)もあります。私の住まいの学区がまさにこのW攻撃でしかも運動部しかありません。札幌周辺なり北海道はどうなんでしょう?やりたいならともかく、やりたくないのに部活動、やりたくないのに無休日長時間練習で勉強が追いつかないようなお子さんたちはいないのでしょうか?
【2015/01/20 21:50】 URL | Mr.Peki-chan #x6Rw0Snk [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



にほんブログ村 教育ブログへ
リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



カテゴリー



FC2カウンター



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
7位
アクセスランキングを見る>>



プロフィール

sapporoedu

Author:sapporoedu



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログランキング

FC2ブログランキング



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる