札幌で個別指導塾開業を目指す三十代男性の日記
 現在、札幌在住の30代の私(40代突入しました)が、個別指導塾開業を目指す過程をブログにしてみようと思いました(開業しました)。教育関係のことなどもいろいろと書き込みたいと思います。 リンクフリー
高校入試における皆勤賞の評価
 中学校の入学式も終わったので、高校入試がらみで書いておきます。

 内申では、生徒会活動や部活動での活躍、各種検定試験合格が評価されることが多いと思いますが、学校ごとに基準がことなり、そして、あまり公開されていないと思います。

 生徒会活動や部活は、保護者の方も気づいていると思いますが、皆勤は盲点ですよね。無理をするのはよくありませんが。

 一点を争う勝負になった時に、もし加点があるならそこで合否が分かれます。

 うちで、今回、追加合格を勝ち取った子、ほぼ皆勤でした。
 インフルエンザにかかり、入学式を休んだのみ。診断書を出したのかどうか、出したら、皆勤扱いになるのかどうか定かではありませんが(学校により、判断も異なるでしょう)、もし、それで加点されていたなら、それが合否をわけたことになります。あれだけの不合格者数なら1点を争っているでしょう。
 リアルとなりの関くんは、文句なしに皆勤でしたが……


 北海道の高校も、ある程度他県に歩調を合わせていると思われるので他県の例が参考になるかもしれません。

 他県の某高校の例では、「出席状況が特に良好な場合は得点を与える」という文言がみられます。
 ただ、これが皆勤のことなのか、3日くらいまでは休んでOKなのかはっきりしません。

 さらに他県の某高校の例では、「皆勤等出席状況が特に良好な場合は得点を与える」とあります。この場合は、皆勤のみでしょうね。等の部分は、忌引きは皆勤扱いとかでしょうか。
 他には、「皆勤等出席状況の良い者を積極的に評価する」とか。

 これらの高校は、皆勤で得点を与えていることがわかります。
 逆に皆勤で内申の加点0点なんてところあるのかなという気もしますが……

 問題は、何点与えているのか。1点なのか2点なのか。まあ、学校によるでしょうが。

 そんなに多いとは思いませんが、もし2点なら、普通の科目で4から5にあげたのと同じ効果です(北海道の場合、3年次は除く)。
 皆勤を崩すと逆の効果です。家族旅行に行くため学校を休ませる親もいますが、皆勤続けているなら、ちょっともったいないですね。

 新入学の子も多いので書いておきました。

 そういえば、うちの塾、前にいた子達にも皆勤が多かったような気がします。

 
関連記事


スマホ汚染

新宿で女子大生が大量に倒れる

死を生み出している産業

札幌麻生個別指導のホームページへ
ブログタイトルをクリックすると新しい記事から順に読めます

テーマ: - ジャンル:学校・教育

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



にほんブログ村 教育ブログへ
リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



カテゴリー



FC2カウンター



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
6位
アクセスランキングを見る>>



プロフィール

sapporoedu

Author:sapporoedu



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログランキング

FC2ブログランキング



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる