札幌で個別指導塾開業を目指す三十代男性の日記
 現在、札幌在住の30代の私(40代突入しました)が、個別指導塾開業を目指す過程をブログにしてみようと思いました(開業しました)。教育関係のことなどもいろいろと書き込みたいと思います。 リンクフリー
そろそろ入塾後の初試験で生徒の点数上げるのも限界かな……
 最近、成績上位の子達が集まってきました。上位といってもトップグループの中でも上位というわけではないので、将来、大学受験で国公立大学レベルを狙うとするならかなりの努力が必要な子達です。

 能力を上げるように生活習慣から見直して欲しいと思うのですが、部活などで忙しく、夜寝るのが11時位だそうです。学力的に転落していくのが目に見えています。期末試験程度では、直前のドーピング的対策も可能なので、高得点をとりますが、みかけの学力にすぎません。

 広範囲の試験になればなるほど、高校に行って内容も濃くなればなるほど、覚えられないもどかしさを感じるでしょう。今時点で500点中470点も越えられていないわけですから。
 私達の世代から見ると今の試験はとても簡単なものです。難問・奇問もなく、ほぼ教科書とワークから出ています。少し暗記力があるだけで軽く400点は越えられます。


 ただ、塾が10時近くに終わる場合は、睡眠時間、手のうちようがないですね……

 私の所も当初、中学生は夜10時までの授業の設定していましたが、睡眠の重要さを再認識してからやめました。
 経営的には、コマ数が増え、部活終了後の生徒も取り込めるので助かるのですが、能力落とすのわかっていて、生徒に無理をさせ、見かけの点数を上げて喜ばせるとか、なんか詐欺みたいに思えて、嫌だったんですね。ただ、せっぱつまってとかの緊急避難的なものについては対応しようと思っていますが。

 今回、英検4級を受けた子も、生活習慣の改善を意識させるために落としたほうがいいのか迷いました。もともと成績のいい子なので、不合格がショックなればという思いもありました。結局、合格するように手を貸しましたが、本人のためには、良くなかったのではと思っています。

 合格やいい点数を取ってくると、子供や親自信それで満足してしまうでしょう。内申落とさない程度に、悪い点を取ってきて、親や本人が、生活習慣について自覚する方が重要な気が最近はしています。

 生活習慣悪いまま、直前対策で点数をあげてしまう功罪というのも最近考えてしまいます。上位層が入ったからなおさらです。上位層といっても今のままでいったら大学受験で苦労するの目にみえていますし。


 上位層で、突き抜けてさらに上に行くためには、勉強時間以外のことも必要です。直前対策で高得点取らせることも害の部分があります。

 そう考えると、入塾後の試験で、いい点取らせるのもどうかと思っています。内申もからむし、成績が上がらないと塾の実績の評判も落ちるので、難しいところですが、子供の成長を長い目で見られる保護者とだけやりとりするのもありかなと最近は思っています。

関連記事


スマホ汚染

新宿で女子大生が大量に倒れる

死を生み出している産業

札幌麻生個別指導のホームページへ
ブログタイトルをクリックすると新しい記事から順に読めます

テーマ: - ジャンル:学校・教育

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



にほんブログ村 教育ブログへ
リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



カテゴリー



FC2カウンター



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
96位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
12位
アクセスランキングを見る>>



プロフィール

sapporoedu

Author:sapporoedu



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログランキング

FC2ブログランキング



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる