札幌で個別指導塾開業を目指す三十代男性の日記
 現在、札幌在住の30代の私(40代突入しました)が、個別指導塾開業を目指す過程をブログにしてみようと思いました(開業しました)。教育関係のことなどもいろいろと書き込みたいと思います。 リンクフリー
低学年からの通塾
 最近は低学年からの通塾も増えているみたいですね。中学受験などの影響でしょうか。確かに低学年からの教育は重要でしょうね。10歳の壁という言葉もあるくらいですから。

 個人的には低学年からというより幼少時からの教育が重要と考えています。

 ただ、よくある早期教育のように機械的に物を覚えさせたり、行動させたりすることに偏りすぎるのは弊害の方が大きいような気がします。


 低学年の生徒に本当にいい塾ってどんなものなのでしょうね。やはり、あとあとその子のためになるような授業でしょうが、具体的にと言われるとなかなか浮かばないものですね。
 
 先取りの授業も悪くはないと思いますが、どうせ後ですぐに追いつかれますからね。だったらその時間を思考力を鍛える時間に使ったり、情操教育的な授業に使ったりしたほうが子供の成長にはいいような気がします。まあ、そうなってくると学習塾である必要はあまりなくなってくるんですが……


 学習塾という範囲で考えると生徒と一緒に理科の実験でもしてああでもないこうでもないと話し合ってみたり、それぞれに作文を書いてもらい、その作文に対してお互いが意見を言ったりなどでしょうか。
 つまり、一方的に教えるだけでなくコミュニケーションの要素を授業に入れてみるということです。そうすると、生徒に思考する時間が生まれますし、発言を引き出すこともできます。

 ただ、算数に関しては先取りが有効な気もします。早めに算数的思考を身につけておいた方が授業においていかれる心配も減りますしね。算数の文章問題は頭使いますから、いい思考の訓練にもなると思います。

 
 現在、低学年児童は塾にいませんが、いつか教えてみたいと思っています。

 普通の国語とか算数は教えません。理科の実験とかして子供と遊びますと言ったら、親は入塾ためらうんでしょうね、きっと……

 理解のある親御さんがいたら、将来、是非やってみたいですね。
関連記事


スマホ汚染

新宿で女子大生が大量に倒れる

死を生み出している産業

札幌麻生個別指導のホームページへ
ブログタイトルをクリックすると新しい記事から順に読めます

テーマ: - ジャンル:学校・教育

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://sapporoedu.blog74.fc2.com/tb.php/286-9712d8ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

にほんブログ村 教育ブログへ
リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



カテゴリー



FC2カウンター



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
7位
アクセスランキングを見る>>



プロフィール

sapporoedu

Author:sapporoedu



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログランキング

FC2ブログランキング



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる