札幌で個別指導塾開業を目指す三十代男性の日記
 現在、札幌在住の30代の私(40代突入しました)が、個別指導塾開業を目指す過程をブログにしてみようと思いました(開業しました)。教育関係のことなどもいろいろと書き込みたいと思います。 リンクフリー
個別指導で成績をあげるためには
 昨日、初授業でした。18歳未満に勉強を教えるのは久々だったので楽しかったです。大人に教える時との違いを再確認することも出来ました。

 授業をしてみて、どうやったら個別指導(昨日は一対一だったのでほぼ家庭教師ですが)で成績を効率的に伸ばせるのかいろいろと思うところがありました。

 まず、生の授業の利点として通信教育と違い生徒の計算過程などを直接リアルタイムで見ることが出来るというのがあります。それを見ることによって間違いのパターンやくせなどがわかるだけでなく、解答にたどりつくまで、その子がどういう計算方法を採用するかもわかります。その計算方法を採用した場合、どういう問題だと間違いにさそわれやすいかも把握でき先回りして誤答をさけさせることが出来ます。
 計算途中で間違っていたら口をはさみ修正、これを繰り返していくとかなりミスのパターンの数を減らしていけるような気がします。

 あと、ある項目を説明した後に問題を出す場合ですが、市販の問題集なら質量とも苦しいような気がします。質については、質が悪いと言っているわけではありません。
 その子、その子にあった問題というのがそれぞれ違うということです。説明した後、その子の弱点を克服する問題を出そうとか、理解を深めるための問題を出そうとか、その子のレベルあった問題を出そうとするとどうしてその場で考えて問題をつくるしかなくなります。
 
 市販の問題集にもいろいろな難易度の問題がそれなりにありますが、難易度だけでなく、その子にうまく理解させるための問題となると、やはり、その場でつくるのがベストのような気がします。いい問題が問題集にあったとしても、一冊の問題集がある一つの項目にさいている問題の量というのはとても少ないですからね。

 かといって問題が多く載っているからといって、同じパターンの問題を連続して解かせるというのもその場では機械的に解くようにして連続して解けてしまい、またいつかその問題をやる時にわからないという可能性も出てくるので良くないような気がします。
 うまく他の項目の問題と織り交ぜて交互に解かせた方が前の項目の再確認にもなり、記憶の定着具合も増すような気がします。

 上記のことをやり続けのるのはかなり根気が入りますが…… 

 
 ただ、生徒の成績にはかなり貢献できるでしょう。

  
 あと、授業時間についてですが、私は1人にさく時間が30分と教える側ばかりに気をとられていましたが、教わる側からするとこれは悪く言えば拘束時間になるんですよね。
 90分で1:3でもいいかなと最初は考えていましたが、生徒にしてみれば90分授業です。これは、小中学生ではきついですよね。

  90分授業なら説明した項目について問題を解かせる時間以外にも自習時間をつくりわからない所を質問してもらうようにしようとも考えていましたが、生徒によっては、ついたてで区切られていたらさぼるかもしれません。だいたい私も90分授業とか教えるのはともかく受けるのは嫌ですね、逃亡します。

 あと、1:2授業になったときにどういうタイミングで教える時間と問題を解かせる時間をそれぞの生徒で切り替えていくのがもっとも効率的なのかですが、これも生徒の組み合わせによって変わってくるのかもしれませんね、やはり試行錯誤していって感を磨いていくしかないんでしょうね。
 新たに生徒が入ったとしても当分は一対一授業が続きそうなのでまだ心配する必要はないんでしょうが……

 まあ、他にもいっぱい気づいた点があるのでいい授業が出来るようにいろいろと参考にしたいと思います。
関連記事


スマホ汚染

新宿で女子大生が大量に倒れる

死を生み出している産業

札幌麻生個別指導のホームページへ
ブログタイトルをクリックすると新しい記事から順に読めます

テーマ: - ジャンル:学校・教育

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://sapporoedu.blog74.fc2.com/tb.php/168-3eb0c7a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

にほんブログ村 教育ブログへ
リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



カテゴリー



FC2カウンター



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
75位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
9位
アクセスランキングを見る>>



プロフィール

sapporoedu

Author:sapporoedu



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログランキング

FC2ブログランキング



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる