FC2ブログ
札幌で個別指導塾開業を目指す三十代男性の日記
 現在、札幌在住の30代の私(40代突入しました)が、個別指導塾開業を目指す過程をブログにしてみようと思いました(開業しました)。教育関係のことなどもいろいろと書き込みたいと思います。 リンクフリー
英語の民間試験活用 障害者対策は?
 一部の国立大は大学入試での民間試験の活用を決めたみたいですね。朝日新聞によると、東京外国語や滋賀など4大学岩手、愛知教育など6大学、長崎、熊本とあります。

 民間試験は英語の「4技能」(読む・聞く・話す・書く)を測ります。

 つまり、これらの大学では、聴覚障碍者や吃音障害者が締め出される可能性があるわけです。
 東大のホームページでは、英語の民間試験活用について、経済負担の他に、これらの障害者のチャンスが狭められるという懸念などが書かれています。現在のセンター試験には、スピーキングはありませんし、聴覚障碍者はリスニングを免除され、そのことが受験大学に伝えられます。

 民間試験のスコアが出願資格になる大学では、願書すら出せません。ホーキング博士のような人でも門前払いされるわけです。
 
 障害のある子をたくさん教えてきた身としては、公平性を欠きとても理不尽に思えます。能力が高くても、吃音障害で会話が難しかったり、発音が無理だったりすると、出願すらできない場合があるわけです。
 加点にしても、障害者と健常者で満点の点数が違うわけですから、不公平だと思います。

 教育大のような所もやるというのは驚きです。特別支援の教師も養成してますよね。教育大は。

 従来のままでいいのにと強く思います。民間試験活用は問題が多すぎます。


 今回もブログの問題はありません。
関連記事


札幌麻生個別指導のホームページへ

スマホ汚染

新宿で女子大生が大量に倒れる

死を生み出している産業

ブログタイトルをクリックすると新しい記事から順に読めます
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



にほんブログ村 教育ブログへ
リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



カテゴリー



FC2カウンター



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
111位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
11位
アクセスランキングを見る>>



プロフィール

sapporoedu

Author:sapporoedu



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログランキング

FC2ブログランキング



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる