FC2ブログ
札幌で個別指導塾開業を目指す三十代男性の日記
 現在、札幌在住の30代の私(40代突入しました)が、個別指導塾開業を目指す過程をブログにしてみようと思いました(開業しました)。教育関係のことなどもいろいろと書き込みたいと思います。 リンクフリー
藤女子中学校・高等学校 学校祭・バザーに行ってきました
 昨日、「藤女子中学校・高等学校 学校祭・バザー」に行ってきました。
 昔、至近距離に住んでいた時は興味がありませんでしたが、塾生の保護者の出身校比率ダントツトップということもあり、最近は、どんな感じの所なのか興味を持っていました。
 生徒から、食べに来て下さいねとも言われたので、今回、行ってみることにしました。

 全体的な印象は良かったです。早い時間帯の、来客が少ない状態の時、廊下ですれ違う生徒達がみんなあいさつをしてきます。なかなかこういう学校は少ないと思います。
 お客さんへの対応も、もてなしがちゃんとしているという感じでした。南高生の対応もしっかりしていますが、あちらは、大人びた生徒が多い印象です。それぞれの校風が学校祭にも出るものだなとつくづく思いました。

 藤の教室は、他の公立より若干広いのか、展示や飲食店もゆったりした印象です。お客さんの数は、私が行った学校祭の中では少なく、校内も歩きやすかったです。下見をかねた受験生が女子小学生に限られるのも大きいのでしょうね。藤は高校入試ありませんし。

 各階に給湯室があり、それとは別に、教室前の廊下に水道がありました。生徒数あたりの水回りの充実にはびっくり。
 1階には、障害者用トイレがありました。
 1階は、一年生の教室ですが、廊下には様々なポスターが目につくように貼られていました。

 ネットいじめ
 睡眠の大切さ
 スポーツ貧血
 犯罪被害者ダイヤル
 エナジードリンクの中毒に注意
 あがり症の克服にチャレンジ
 心肺蘇生法

 などなど

 エナジードリンク中毒なんかは、普通に知らない子もいると思うので、こういう掲示はいいと思います。
 心肺蘇生法も講習受けても忘れてしまいますよね。毎日、目に触れるところにあるというのは重要なことだと思います。
 犯罪被害者ダイヤルのポスターが貼ってあるのも生徒への配慮が感じられました。


 学校祭に行っても、私の場合、生徒と教師の接し方とか、職員室に待機している先生方の様子とか、あまり祭りを楽しむ印象ではありません。塾生が受験したいと言った時の参考にするために行っている感じです。

 とは言っても、せっかく学祭に行ったので、生徒へのお土産を買ってきました。
 藤のシンボルマーク入り、バター煎餅です。うまかったです。
 写真に載っているたまねぎはどこへ行ったと思っていましたが、今回、発見できました。中の方へ移動してたんですね。

 藤バター
 藤バター2

 藤の学校祭で特徴的だなと思ったのは、各学年の母の店があったこと。各高校、父の店や母の店はありますが、各学年がそろうのは珍しいと思います。
 その他、同窓会の店とか、キリスト教関連のコーナーとかいろいろありました。

 バザーも充実していました。元々、学校祭と同時開催のバザーで、学校祭に付随したものではないので、規模も他校よりでかかったです。
 バザーをやっている横の小体育館では、外国への寄付のための出し物が。中学部が主体で、子供達が楽しく遊んでいました。

 
 まあ、いろいろ箇条書きっぽく思いついたことを書いてみました。足を運ぶといろいろな発見があって面白いです。秋には、藤女子大の学祭もあるので、そちらにも行ってみようかなと思っています。
 大学の方に元塾生がいるんですよね。彼女は、学祭の実行委員会とかやりたいと言っていたので、いろいろと活躍してそう。


 今回も、ブログの問題はありません。

関連記事


札幌麻生個別指導のホームページへ

スマホ汚染

新宿で女子大生が大量に倒れる

死を生み出している産業

ブログタイトルをクリックすると新しい記事から順に読めます
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



にほんブログ村 教育ブログへ
リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



カテゴリー



FC2カウンター



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
111位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
11位
アクセスランキングを見る>>



プロフィール

sapporoedu

Author:sapporoedu



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログランキング

FC2ブログランキング



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる