FC2ブログ
札幌で個別指導塾開業を目指す三十代男性の日記
 現在、札幌在住の30代の私(40代突入しました)が、個別指導塾開業を目指す過程をブログにしてみようと思いました(開業しました)。教育関係のことなどもいろいろと書き込みたいと思います。 リンクフリー
奨学金という名の“借金” 北海道クローズアップを見て
 今月、北海道クローズアップという番組で、「奨学金という名の“借金”」というのをやっていました。
 見ていて、大卒でなければ選考にかからない場合があるというのが大きな問題なんだろうなあと思いました。みんなが大学に行きすぎるから、こういう問題が起こっているのだろうと。
 卒業してもたいした評価されない大学でも書類上は大卒。だから、多くの人が大学に行くんでしょうね。

 中学や高校の内容をやっているような無駄な大学を大量につぶして、進学率を大幅に下げれば、高卒でもそんなに不利にならなくなり、無理して大学を目指す生徒も減ると思います。

 今の大学は、債務者製造機関です。
 借金が年収の3割を超えると返せなくなると言います。フリーターなら年収200万円くらいでしょう。60万円の借金が限度なのに、国公立でも、その約4倍は借金することになります。

 普通は、ちゃんと返せると判断してから借ります。無理と判断したら進学を断念したりします。 
 そういう判断を出来ない子達にもたくさん貸し付けている現状が、貧困ビジネスに見えて仕方がありません。

 番組では、お母さんに将来楽をさせてあげたいから私立の薬学部(今は6年制)に進学するという母子家庭の娘さんが出ていました。借金はなんと1200万円……
 薬学部に入ったからといって、薬剤師に絶対なれるわけではありませんし、薬剤師の資格をとれば、みんないい給料で就職というわけでもありません。大学の授業についていけるかという疑問もあります。成績がいいなら、薬剤師でなくても、私立の特待とかとれていたはずだと、番組を見ていて思いました。
 現状打破にかけたのでしょうが、1200万の借金とか……
 

 某私立高校の公立短大から4年制大学の編入を狙うために道外へというのもすごく疑問に感じました。札幌の私立より安上がりと言っていましたが、普通に道外で独り暮らしして、安上がりのはずがありません。大学の寮に入ることを前提にしているのだと思います。
 国公立だろうと、寮というのは、いろいろと問題があるところ。そんな環境の中、平穏に勉強して、かつ、国公立大学の編入試験に受かるほどの学力をつけられるのか、とても疑問に思いました。
 去年の北海道教育大学の編入試験ですが、45人が受けて、合格者は、21人です。札幌校は、14人受けて、合格者は1名のみ。編入試験、そんなに甘くないと思います。

 学校は、生徒のためを思っているのでしょうが、実際、うまく行っているのかどうか、編入試験合格者数も知りたいです。
 学力があるのなら、最初から札幌圏外の道内国公立大学でもいいと思うので、学力的にそこまで届かない生徒達に公立短大をすすめているのかなと、番組を見ていて思いました。もし、そうなら、編入試験に受かるのかなと。


 無理して大学に行く生徒が減れば、人手不足もある程度緩和されるでしょうし、初婚年齢も下がり、少しは少子化の歯止めにもなるかもしれません。高学歴化が少子化の一因ですしね。高齢出産の一因にもなっています。

 大学無償化のために税金をたくさん取るくらいなら、経団連が要望しているように、大学の淘汰を進めるべきだと私も思います。


 前回の答え

 正解は、4の乱数さい


 第549問

 学徒出陣で軍隊に召集されたのはどんな人達? (中学歴史)
 
 1 中学生
 2 理系の大学生
 3 文系の大学生
 4 体育会系の大学生
 5 一流芸能人

関連記事


札幌麻生個別指導のホームページへ

スマホ汚染

新宿で女子大生が大量に倒れる

死を生み出している産業

ブログタイトルをクリックすると新しい記事から順に読めます
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



にほんブログ村 教育ブログへ
リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



カテゴリー



FC2カウンター



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
111位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
11位
アクセスランキングを見る>>



プロフィール

sapporoedu

Author:sapporoedu



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログランキング

FC2ブログランキング



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる