FC2ブログ
札幌で個別指導塾開業を目指す三十代男性の日記
 現在、札幌在住の30代の私(40代突入しました)が、個別指導塾開業を目指す過程をブログにしてみようと思いました(開業しました)。教育関係のことなどもいろいろと書き込みたいと思います。 リンクフリー
母子家庭の母親が准看護士を目指す例が増えているそうです
 1月16日の記事で(中卒で目指せる資格です)の資格を目指しているというのを書きました。それに関連して高卒認定を目指す社会人にも勉強を教えようかとも書きました。

 その記事に対してあったコメントが

 「くだらねえwww」の一件のみ。


 頑張っている人をバカにしているのか、そういう人達に教えようとしている私のことをバカにしているのか定かではありませんが、ブログをやっているといろいろなコメントがくるんだなあとつくづくと思いました。
 私は大人だからいいですが、子供なら結構精神的にきついでしょうね。こういうコメントがさらにエスカレートしていったときの対処も大変でしょうし。


 まあ、それはおいといて、今回なぜこの記事を書いたかというと、16日に書いた記事のように母子家庭の母親が准看護士を目指し養成学校入ろうとするのは全国的な傾向だということが今日の北海道新聞夕刊に載っていたからです。

 新聞には釧路の例が出ていましたが、明日10日試験を受ける44人のうち10人が母子家庭の母親だそうです。母子家庭に限らず3,40代の人は多いとのことでした。
 勉強から長い間離れていた人が再勉強するのは並大抵の苦労じゃないですよね。こういう人達の役にも立ちたいなあと思います。

 「社会人に教えてくれる塾」などの検索キーワードでこのブログに入ってくる人もわずかではありますがいます。やっぱり需要はあるんですね。

 道内在住の約4万9千の母子家庭の母親のうち准看護士を目指したいという人もいるかもしれないのでちょっと詳しく書いておきます。

 新聞で紹介されていた母親の一人は看護助手として午前中病院で働き午後から学校に通っていたそうです。二年間の学費100万だったそうですが、費用は病院と道から奨学金で……と書かれていました。

 道から奨学金がもらえる場合があるんですね。聞いてみる価値はありますよね。あと病院からは給料という意味でしょうが、もし、その人をあとあと雇いたいと思ったら昔のお礼奉公みたくして費用をある程度補助してくれるのかもしれないですね、人手不足みたいですし。
 それに、他の仕事と違って病院に勤めている人が准看目指すっていったら職場の理解もあるでしょう。

 明日の試験、皆さんベストを尽くすことが出来ればいいですね。
関連記事


札幌麻生個別指導のホームページへ

スマホ汚染

新宿で女子大生が大量に倒れる

死を生み出している産業

ブログタイトルをクリックすると新しい記事から順に読めます

テーマ: - ジャンル:学校・教育

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://sapporoedu.blog74.fc2.com/tb.php/144-8e28a72e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

にほんブログ村 教育ブログへ
リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



カテゴリー



FC2カウンター



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
111位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
11位
アクセスランキングを見る>>



プロフィール

sapporoedu

Author:sapporoedu



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログランキング

FC2ブログランキング



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる