FC2ブログ
札幌で個別指導塾開業を目指す三十代男性の日記
 現在、札幌在住の30代の私(40代突入しました)が、個別指導塾開業を目指す過程をブログにしてみようと思いました(開業しました)。教育関係のことなどもいろいろと書き込みたいと思います。 リンクフリー
「奇跡のリンゴ」の木村さんの講演会に行ってきました
 日曜日、生徒を連れて、ジョイント講演会@北海道大学「奇跡のリンゴと農の未来」に行ってきました。若い頃に受けた刺激というのは強く心に残るものです。今後、生徒の人生で、役に立つことがあればいいなと思い、何人かの生徒に声をかけ、希望した子2人を連れていきました。小学校の時、授業で「奇跡のリンゴ」を見て、一番行きたがっていた子は、部活の試合……

 北大FMI国際拠点の会場には、日曜の朝だというのに、司会の人が「今日は、超満員になるので詰めて座って下さい」というほど人がたくさん。
 Hokkaido木村秋則自然栽培農学校6期生修了式も同時開催されていました。聴衆の中には、以前の期の生徒も多かったようです。 

 弘前大学の杉山修一教授の話と合わせて、休憩10分をはさんで約3時間半でしたが、アッと言う間に時が過ぎた感じでした。非常に勉強になりました。
 化学的な単語も多かったですが、連れて行った2人の生徒なら、たいした問題にならないレベルでした。

 木村さん、EU諸国にも農業指導に行っているとは聞いていましたが、向こうからいろいろと相談されているんですね。次は、ライン川沿いのブドウ畑の再生を頼まれているそうです。農薬まみれの日本より、海外からの注目の方が大きいんでしょうね。
 
 木村さんの話を聞いてみて、やはり、本で読んだ通り、科学者肌の人なんだなあと思いました。葉っぱが、自ら、病気の部分を虫がくったように落とすという発想も(最初は、そんなことがあるかとバカにされたそうです。今では、教科書に載っています。海外も含めて、木村さん発で、教科書記載になったことってどれくらいあるんでしょうか。興味があります。自然栽培農学校の副校長が木村さんを天才というのもわかるような気がします)、杉山先生が科学的的に裏付けなくても、自分で解明したのではないかと思いました。
 杉山先生も、すごい人です。大学人で、無農薬栽培の研究をしているのは、私1人と言っていました。農学の世界では、無農薬栽培は、主流派になれないんでしょうね。

 昔は、無農薬=宗教と思われていたというのには、驚きました。それは、手を出すには、なかなか勇気がいたでしょう。
 今の医療も、反西洋医学≒宗教みたいに思う人が多いと思いますが、これも、今、大転換期に入っていますよね。
 時代は、どんどん変化しているんですね。


 日曜日の講義からいくつか

 アメリカ大気圏局が、農薬や肥料が、地球の環境問題の一因になっているので、自然栽培の研究を推し進めなければならないと言っているというのは初耳でした。
 地下水汚染は、想像がつきますが、成分が気化したガスが大気に影響を与えているんですね。肥料など大量の窒素を含んでいるので、窒化物とかも大量に作られるんですかね。

 そういえば、私が小学生の頃に読んだ本に「昔、家畜の出すおならで、地球はメタンに覆われ窒息みたいなことを言った科学者がいました」のような一節がありました。
 メタンも、今は、温暖化効果の高い物質と認識されています。地球環境に畜産の与える影響も深刻なんでしょうね。

 
 今、食べている米のほとんどは、もち米と交配しているので、糖分が多く、糖尿病の原因になっている。
 
 私自身、もち米の方が、アミロペクチンが多く、ゆるやかな血糖値上昇をするのかなと漠然と思っていましたが、含まれる総量が問題ですよね。それに、分岐が多いからといって、ゆっくり分解されるとは限りませんしね。いろいろと知的好奇心を刺激されました。

 
 野菜の栄養は昔の約10分の1

 昔より少ないというのは聞いていましたが、これほど、激減しているのには驚きました。資料映像では、2000年とその約50年前を比較していました。今は、2017年ですから、さらに悲惨なことになっていると思います。
 携帯できる分析機器が発達したら、スーパーで買い物をする時に、傷つけることなく、その野菜の栄養価を測ることができるかもしれません。そこまで行くと、自然栽培の作物の価値も認められ、栽培農家の収入も安定するでしょうね。

 簡単に栄養が測れる測定器、早く発明されないかなあ……
 私自身、栄養学の本とかほとんど信じていないので、実測してみたいんですよね。

 去年、実はひじきには、鉄分がほとんどありませんでした。昔は、鉄なべで調理していたので、それがひじきに移っただけでしたという報道がありました。

 まあ、「あっ、やっぱり。だって、栄養学だし」と驚きもしませんでした。最新知識をアップデートしていくような研究者が、この分野は少ないんだと思います。
 野菜の栄養にしたって、産地の土壌によって、かなり影響を受けると思います。
 ひじきに関して言えば、調理方法での違いすら考慮せず、毎年、以前のデータをひっぱってきたということでしょうね。


 あまり、野菜を食べない私ですが、食品の安全や栄養には、結構、興味があります。
 もしかして、私が、一度も入院したことがないくらい健康なのは、残留農薬が体に蓄積していないからなのではと、たまに思うこともあります。


 講演会の後は、3人で北大博物館に行って、再現されたノーベル賞受賞者の鈴木先生の研究部屋を見に行きました。時間がなく、博物館全体はまわれませんでしたが、今度、機会があれば、まわりたいなと思っています。



 前回の答え

 正解は、1の弾性衝突


 第479問

 波面が球面または円になる波を(   )という。 (高校物理)
 
 1 重力波
 2 平面波
 3 カメハメ波
 4 球面波
 5 熱波
関連記事


札幌麻生個別指導のホームページへ

スマホ汚染

新宿で女子大生が大量に倒れる

死を生み出している産業

ブログタイトルをクリックすると新しい記事から順に読めます
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



にほんブログ村 教育ブログへ
リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



カテゴリー



FC2カウンター



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
135位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
12位
アクセスランキングを見る>>



プロフィール

sapporoedu

Author:sapporoedu



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログランキング

FC2ブログランキング



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる