FC2ブログ
札幌で個別指導塾開業を目指す三十代男性の日記
 現在、札幌在住の30代の私(40代突入しました)が、個別指導塾開業を目指す過程をブログにしてみようと思いました(開業しました)。教育関係のことなどもいろいろと書き込みたいと思います。 リンクフリー
成績急上昇
 今回の試験、高校生の子が学年20番以内に入りました。入学するのが難しく出来る生徒がいっぱいいる高校で、一気に順位をあげたのは、立派です。入試点からすると、真ん中より下だったはず。数か月で140人以上抜きましたね。

 まあ、そうは言っても、北海道の公立の中での話ですから、まわりもたくさん落ちてきたんでしょうね。

 生徒には、北大目指すなら、同級生はライバルではなく、道外の生徒がライバルになるので、せめて学内20位以内を目指すように言っていました。見事、実現しましたね。
 やはり、部活とスマホにおぼれていない子は強いです。次は、学年1位あたりを取って欲しいです。無理とは思っていません。

 道外は、私立が台頭していましたが、公立も巻き返しをはかって部活の時間に制限をかけたりして、実績をのばしてきています。
 彼らにとって、旧帝でもある北大は、お得な受験先です。すでに、北大合格者の6割以上は道外勢。
 北大を目指すなら、競争相手は、道外の進学校の生徒達です。道内比率はこれからも落ちていくでしょう。

 北大自体が、全国から生徒が集まる大学にしたいと言って、全国に向けてPRを始めてから、どんどん道内比率は落ちています。
 道内比率を落としたいということは、東西南北の北大合格者を減らしたいとも取れます。一番、割を食うのは、北大予備校なんて言われている北高でしょうね。

 札幌は、家賃も安く魅力的な都市です。新参者が多く、不動産業者の競争があるのが大きいです。他の地方都市だと、高いです。
 地元の私立理系行くなら、1人暮らしで国公立の北大の方が安くすむという受験生も多いでしょう。理系は、授業料高いですからね。寒くて暖房費の高い冬も、文系と違い、毎日、研究室に遅くまでこもるという技も使えます。
 
 
 話を変えて

 夏休みを挟んで、ここ数か月、元生徒達と結構会いました。わざわざ来てくれるのはうれしいですね。元生徒が気軽に訪ねてきてくれたり、年賀状やメールをどれくらいくれるのかは、塾の運営がうまくいっているかどうかの目安だと思っています。
 在塾中、不満だらけだったら、塾をやめた後、もう、関わりたくないでしょう。大手から独立した人は、独立してからの生徒が、その目安になると思います。

 転校、その他の事情で、大学入試までいなかった子もいますが、うちの塾を通過していった子達の進学実績は悪くないと思います。
 知的障害の子や特別支援をすすめられた子、5科目オール1などの子をのぞいて、入塾時、道コン偏差値50~60位の子に限れば、国公立合格率は、約7割。国公立の定員は学年に対して13%位。まあ、生徒数、少ないですが……
 
 
 今回、旧帝医学部に現役合格した子と話しましたが、結局、小学校の時、うちの塾に通ったのが良かったと言っていました。
 
 担任もびっくりするくらい同級生に勉強できる子が集まった学年だったのですが、中学受験で、難関私立に抜けた子は、7名全員、第一志望不合格だったそうです。
 
 北海道に中学受験塾がやってきた時期で、親たちがこぞって夜遅くまで子供に勉強させた結果だと思います。自頭がいい子も、脳の成長をつぶされたら、大学受験は厳しくなります。ものすごく自頭のいい子は、つぶされても、なんとか合格くらいはするのでしょうが。

 その生徒には、夜おそくまでの勉強は絶対ダメと強く言って聞かせていました。ちゃんと守っていました。

 詰め込みはせず、数学とかは、初見の問題でも慌てないように、いろいろな難問にじっくりと取り組むというのをやりました。私は、ほとんど教えずに。
 経済面で、国公立以外無理と言っていたので、将来、自学できるようになることを念頭に指導しました。高校時代、塾、予備校無しで、旧帝医大合格は素晴らしいと思います。

 
 現高2の生徒とも会いましたが、今も学年上位10%以内をしっかりとキープ。この子も国公立には受かるでしょうね。
 入る時に、ビリの方での合格だから、きちんと勉強しないと国公立には受からないと釘をさしておきました。教師にだまされないようにとも念を押しました。部活、部活、部活、みたいなのいますからね。
 入学祝に、「蛍雪時代」という受験情報誌を渡しておいたのも功を奏したと思います。現在の第一志望は、北大です。

 教師にだまされるなとか言うと、私が、まったく教師を信用していないようですが、まったく信用していないわけではありません。ほとんど信用していないだけです(一部のいい先生は除く)。某高の保護者説明会の資料もびどいものでした。

 今回、国立大の理系に受かった子。高校生は見ないということで、高校入学と同時に退塾してもらった子です(今は、高校生も見ています)。
 高校入学後、初の三者面談が終わった後、お母さんから、学校の担任と三者面談したのですが、まったく信頼できないので、もう退塾していますが、塾で三者面談していただけないでしょうかとメールが来ました。
 
 国語と英語がボロボロで、100点満点で20点以下。理数系の方がずっといいのに、「あなたのお子さんは文系です」と……
 本人は、理系大好きで理系志望。理系にありがちな英単語などの暗記が苦手なタイプです。

 教師の言う通りにしてたら、国公立はどこも受かってなかったでしょうね。経済的に私立は絶対無理と言っていたので、今頃、高卒で就職して働いていたでしょう。

 担任は、週25時間以上に及ぶ部活の時間を言うべきだったと思いますが、加入率を誇るような昨今の高校では、難しいでしょうね。部活やめないと、国公立は絶対無理と私が言ったから、やめたわけで、お母さんのメールがなかったら、そのまま部活も継続していたと思います。

 高校は勉強する所で、部活をやりに遊びに行くところではありません。部活に制限をかけてきた道外の公立進学校に、道内の生徒は、そう簡単には、勝てないでしょうね。中学での学力が、すでに都道府県最下位争いですし。

 ここの教師がつくった学年通信もひどかったです。事実誤認と時代錯誤。
 
 高校の先生方は、小中の先生よりしっかりしていると思っていましたが、まったく逆かもと思い始めたきっかけが、この学年通信でした。今では、高校教師より小中の先生の方が、まともな人が多いという認識です。実際、そうだと思います。本人たちは、なかなか気づけないでしょうが。


 うちの塾を通過していった子達の成績がいいのは、いろいろと雑談しているのも大きいと思っています。

 今月号のある雑誌に、勉強が好きになった瞬間はいつ?という問いがありました。

 将来の目標を持った時が20%代なのに対し、教師以外の大人と話をした時が70%代でした。視野が広がったというのが大きな理由です。
 私自身、いろいろな職種の経験があるので、ネタが豊富にあります。
 どこで、生徒が勉強に目覚めるかわからないので、いろいろ喋るようにしています。


 あと、最後に気になったのでひとつ。

 やっぱり、スマホアプリ学習は体に悪い!!

 アプリで学習するとスマホの電磁波を浴びつづけることになります。体に良いわけがありません。脳の成長も阻害され、かえって、全体的な記憶力などが落ちると常々思っていました。
 そんな時、塾経営者が集まる掲示板で、ある書き込みを見つけました。

 …… スマホアプリ学習を導入したが、体調不良者続出でやめた ……

 やっぱりなという感じです。5年前の話だそうです。スマホが普及し始めた頃ですね。
 今のように普段からスマホ中毒の子なら、1、2時間やっても体が中毒患者なので反応が見えないのでしょうが、当時だと、中学生のスマホ普及率は極めて低い状態です。
 
 たばこを最初に吸った時、頭がクラッとするとか、ガンガンするとか、頭痛がするとか言いますが、中毒になるとそれもなくなります。
 スマホ使ったことない子供に強制的に急に1、2時間やらせると、たばこの初期のように、症状が一気に出るんでしょうね。まあ、それだけ害があるものだということでしょう。


 成績上昇や健康被害の防止にスマホの規制は絶対必要でしょうね。


 前回の答え

 正解は、3のカルデラ


 第465問

 数列 a,b,c が等差数列 ⇔ (      )  (高校数学)
 
 1 2b=a+c
 2 2a=b+c
 3 2a=b×c
 4 2b=a×c
 5 c>b>a
関連記事


札幌麻生個別指導のホームページへ

スマホ汚染

新宿で女子大生が大量に倒れる

死を生み出している産業

ブログタイトルをクリックすると新しい記事から順に読めます
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



にほんブログ村 教育ブログへ
リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



カテゴリー



FC2カウンター



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
111位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
11位
アクセスランキングを見る>>



プロフィール

sapporoedu

Author:sapporoedu



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログランキング

FC2ブログランキング



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる