札幌で個別指導塾開業を目指す三十代男性の日記
 現在、札幌在住の30代の私(40代突入しました)が、個別指導塾開業を目指す過程をブログにしてみようと思いました(開業しました)。教育関係のことなどもいろいろと書き込みたいと思います。 リンクフリー
「脳科学から見るスマホの影響」川島隆太教授講演会に行ってきました 2017/7/15更新
 しばらくこの記事をトップにします。最新記事はこの下からになります。

 日曜日、道新ホールで行われた「脳科学から見るスマホの影響」川島隆太教授講演会に行ってきました。
 
 ブログにも書いているので、私が、2年以上前から、国が子供へのスマホを禁止すべきだと言っていると知っている人もいると思いますが、川島先生も同じことを言っていました。条例でもいいからつくれないかと、地元の人達に働きかけていると言っていました。

 講演会のことを書く前にちょっと書いておきます。
 かなり前に、スマホなどの影響で、女子比率の高い高校の進学実績は落ちるだろうとブログに書いたことがあります。実際に私が想定していたのは、札幌北高校と札幌旭丘高校です。

 今年の北高の実績は、一般入試で東大合格1名のみ(13名受験)、旧帝医学部医学科現役合格0名です。
 かつては、東大合格10人以上を連発し、累計でも約400人を東大に送り込んできた名門校の今年の実績です。

 文系は5人とも、センターでは合格者平均を超えているのに、5人とも不合格でした。この中の1人が、うちの元生徒と小中学校時代、仲の良かった子です。

 難しい二次試験を取れる実力があればセンターは簡単でしょうが、教科書の基本がほとんどのセンターで高得点が取れるからと言って、二次試験でいい点が取れるわけではありません。

 受験は英数などの科目の出来で、かなり合否が左右されます。スマホがものすごい悪影響を与えるのは数学です。


 子供にスマホなど与え、LINEなどをやって中毒になった場合、みるみるうちに成績が低下します。
 脳は、麻薬中毒患者と同じになります。中毒はなおりません。なったら最後です。うまくスマホをやめられたところで、その能力の回復は絶望的です。
 10年、20年断酒していたアル中患者も、少し飲めば、元のアル中患者に逆もどり。つまり、変容してしまった脳は元には戻らないということです。やめている状態を頑張って続けているにすぎません。薬物中毒のことを知っている人には、常識的すぎる話です。
 中毒患者は、他の中毒にも移行しやすいです。酒をやる人間がたばこやったり、パチンコやったり、競馬やったり、そして、時には、覚せい剤など……
 
 中1から18歳くらいまで、思考力判断力などがグングン伸びますが、麻薬患者同等の脳になった瞬間、それは止まります。
 20歳くらいまでは、脳の発達途上で、まだ未熟だから、少年法で守られるわけです。
 高校生になったからと言って、バカのひとつ覚えのように我が子にスマホを与えた場合、脳の成長が中学どまりで、成績も急降下する可能性が極めて高いです。
 
 東西南北すべての生徒から、学校でのスマホ使用の現状を聞いていますが、北高が一番ひどいというのが私の感想です。持たざる得ない状況への追い込まれ方がひどいです。

 良識があって、子供の成績がいい親の場合、中学で子供に持たせていない人が多いと思います。当然、北高に入る前の所持率は、そんなに高くないと思いますが、それが、今年について見ると、一年生の6月時点で、98%以上の所持率。持ってない子は、320名中6名のみ。たった2か月でです。

 しかし、同調圧力に負けない6名の保護者、すごいですね。称賛に値すると思います。こういう親に育てられた子供が、まわりの重圧に負けず、その後、世の中に出た時に偉業を成し遂げたりするんでしょうね。偉人伝なんか読んでも、だいたい、まわりの重圧をはねのけた人だったりしますもんね。



 持たせたくないのに、持たざる得ない状況に追い込まれて、しぶしぶ買っている親が多いのが現状ではないでしょうか。すでに中毒になって、子供とバトル状態の親子多数ではないかと思います。

 使用時間もひどく、1時間以上使っている子が約半数。中毒性のあるものなので、この時間は、どんどん増えていくと思います。他校ですが、うちの元生徒もひどいことになっているようです…… あれほど忠告したのに……
 本人も「スマホでバカになる」とまで言っていますが、自分の意思では、やめられないそうです。

 中学時、得意だった数学で、目も当てられない点数を最初の試験で取ってきた子も多いと思います。
 中毒で点数が下がった場合、改善は、ほとんど無理でしょう。北大も無理、その他国公立も、すでに無理な状態の脳になっている可能性が高いと思います。

 ほんとうにほんとうに、スマホ持たざる得ない状況に追い込まれて、麻薬中毒患者と同じ脳みそにされてしまった子達がかわいそうだと思います。中学まで、いい状態を保っていた子達は、特に。
 そういう状況に追い込んだのは、どこのど……
 
 今の北高の現状が続けば、北大現役合格20名を切るのにそんなに時間がかからないでしょう。札幌旭丘の後を追うでしょうね。(かつての北大医療技術短大の医学部保健学科は別として) 

 各高校のスマホ使用の現状は、それなりの長い記事にしてまた近いうちに書きたいと思っています。現在、東西南北以外の高校も含め、いろいろな情報を、さらに集めている段階です。

 他校の現状を知らない親は、高校生はこんなものかと思っているかもしれませんが、わかってくると北高なんかに入れなければよかった、違う所にすればスマホ中毒にならなかったかもしれないのにと後悔の念が強くなるかもしれません。

 私立の北嶺、当然学内スマホ使用禁止。野外学習でテントを張っている時も、中で生徒がスマホを持ち込んで使っていないか、教師達が、Wi-Fi探知器持って歩いています。

 ここは、教師陣の能力が高いからあれだけの実績が出てるんでしょうね。入学時の全国偏差値が普通にすぎないのに、東大、国医にバンバン合格させてますからね。全国から生徒が集まってくるのもわかる気がします。
 能力のある教師なら、スマホが進学実績に多大な悪影響を与えるということは、すぐにわかると思います。


 話を講演会に戻します。

 川島先生の講演会、日曜の午後なのに、たくさんの人が来ていました。
 北海道新聞主催の講演会、最初は驚きました。IT業界はスポンサーなのに、よくできたなと。川島先生もこれは言っていました。

 スマホ批判については、地元新聞社からも圧力をかけられたと。自分の所に来ずに教育委員会に圧力をかけてきたと。
 テレビが脳の発達に悪いのは常識だと思いますが、脳解析画像つきの世界初の論文を出した時も、NHKを含め、テレビ局は1社も来なかったと言っていました。当日、世界中から問い合わせがあったそうです。
 スマホの害は、テレビや新聞から知るのは、今のところ、ほとんど無理です。自分達で調べるしかありません。

 講演での先生の発言
 
 「スマホやっていると、脳が麻薬中毒患者と同じにります。中毒はなおりません」
 これは、スマホの害を知っている人には、周知の事実だと思います。

 聴衆者からの質問(講演前に事前記入)に対する返答

 質問 まわりの子がスマホを持ち始め、うちの子にも持たせなきゃならない状況です。
 回答 まわりの子が酒を飲んでいるからと言って、自分の子供にも酒を飲ませるんですか?

 日本は、酒に寛容なので、はっきり、麻薬や覚せい剤と言ってもいいのではと聞いていて思いました。
 まわりの子が、コカインや覚せい剤やっているからと言って、わが子にコカインや覚せい剤やらせるんですかと。
 子供がスマホを持つのが当たり前という社会の意識を変える必要があるとも先生は言っていました。


 質問 スマホ使用後の勉強への切り替え
 回答 持たせた時点でアウトです。スマホを子供に与えたことで、子供の未来が閉ざされます。

 一通り講演を聞いた後の人達にとっては、あたりまえすぎる回答です。


 36歳、教師の質問
 現状、スマホを禁止するのは難しいと思います。配分はどうしたらいいでしょうか?

 私の心の声(現状、禁止するのが難しいとか、それはお前の勝手な思い込みだろう。世間がそうだと勝手に自分が思い込んでいるだけ。こんなのが教師なのか。とっとと退職してしまえ。結局、部活連絡LINEにしても、学校が子供にスマホを持つように圧力かけているのが現状、学校というのは、本当にロクなことをしない) 

 多分、川島先生も私と同じで、この教師に嫌悪感をもったはずです。講演会での毒の吐き具合から言って、私以上のことを思ったに違いありません。ただ、誰かわからなくても、目の前にいる聴衆者なので、冷静に答えていました。

 回答 配分というのが、授業で使うということなら、答えたくはありません。
 
 配分という言葉からして、授業の中で使おうとしていると想定できます。子供に毒になるスマホを与えるなと言っているのに、授業で使うから、買って持ってこいとか、川島先生からすれば論外の話。先生、ムッとしてましたね。

 まず、教師達の意識を変えない限り、この問題はよくならないでしょうね。部活LINEなんてあるのは、練習が異常に多くて、不規則だから。
 まずは、中体連、高体連の解体は、絶対に不可欠でしょうね。こういう所がやっている大会に勝つために、異常に練習をして、死者も出るわけです。
 天気悪いのに、なぜ、無理して山登りして雪崩で8人も死んだという人達がいますが、私の考えはこうです。
 那須岳は、関東大会の会場でした。無理してでも一度登らせておけば、大会でいい実績が残せる。県大会の次の大会で勝つために無理して登らせたんだろうと。過酷な条件で、一度、登っておいた方が当日絶対有利。生徒も自信がつくと。


 川島先生、紙辞書を使った時と、スマホやwikipediaで調べた時の脳活動の図も出してました。
 紙の辞書で調べた時は、脳は活発に活動していましたが、スマホやwikipediaで調べた時、脳波は平坦でほとんど動きなし。なんと普段の平均時より低い状態でした。
 実際、紙とネットで調べた時って、英単語の定着力にかなり差があるなと私も実感しているので、マニアックな単語以外は、必ず紙の辞書を使うようにしています。
 学校でタブレットなどを使った調べ学習は、時間の無駄でしょうね。能力が低下する要素の方がはるかに多く頭に浮かびます。


 長くなったので、最後にしますが、最近、小中高生の自殺本当に多いですよね。今日もニュースがありました。

 スマホの害のことをいろいろ調べている者としては、小中高生のスマホ普及率が高くなっているんだから、逆に自殺増えない方がおかしいだろうと思っています。
 大人より、子供の方が影響を受けるのは当然。大人の自殺は減っているのに子供の自殺は増えています。少子化にもかかわらず。自殺比率はかなりのものだと思います。
 さらにスマホなどの普及率が上がれば、自殺に追い込まれる子はもっと増えるだろうと思っています。

 川島先生が言っていたように、この問題で、動いてくれる国会議員が出てくることを私も期待しています。


 追加 
 元生徒やその兄弟姉妹、その他の人脈を駆使して、各高校の状況を調べている最中ですが、一部わかったことを書いておきます。

 北高の保護者が、我が子の中毒がひどくなる前にスマホをなぜ取り上げないのかと思っているブログ読者も多いと思います。何故、買うのか、何故、取り上げないのかと。

 他校の生徒達もみんなびっくりであきれているのですが、小テストなどの範囲やその変更を教師が伝えず、生徒に伝えさせる場合があるそうです。そして、その生徒がクラスLINEで流すなんていうことをやっています。
 生徒によっては、クラスLINEに流すだけ。みんなに伝わらず、スマホ持っていない子は、試験範囲やその変更がわからないという恐ろしい事態が生じています。

 利子なし奨学金や、推薦を狙うなら、各科目の評価も重要。クラスLINEに入ってないと、試験範囲の変更があっても、伝えられずに試験に挑むということになる可能性が高いわけです。そういう事例もいくつか確認済みです。

 だから、買わざる得ず、取り上げることも難しいという状況になるわけです。そして、中毒が進むと……
 スマホの使用でも、一番成績低下圧力が大きいのが、LINEなどです。そのLINEをやらないと、試験範囲がわからない場合があるわけです。いかに最悪のパターンかがわかると思います。

 2時間勉強してもスマホ4時間以上で、無勉強の生徒より悪い点数になります。睡眠時間は、きちんと確保した上でです。
 多分、脳の発達に影響が出るんでしょうね。LINEなどをやっていた場合、やめた後も、1年以上悪影響が続きます。
 
 スマホをうまく使えばなんていう人もいますが、ヨーロッパ諸国などは、スマホの電磁波の子供への影響を考慮し、多くの国が規制をかけています。校内Wi-Fi禁止の所も多いです。
 スマホなどを使った実験で、血液が以下のようなことになるのがわかっています。触るたびにこうなるのなら、脳発達に与える影響やその他の健康被害も説明がつきます。実験はコードレスホンですが、同等の電磁波がでます。ちなみにタブレットも同じくらい出たりします。
 
 電磁波と血液

 下が正常な血液の状態です。右上の血液の状態を見るとわかると思いますが、この状態では、正常な血液循環が望めません。当然、脳に送られる栄養も酸素も不足します。
 時には赤血球の約2倍の大きさがある白血球の動ける余地もありません。侵入してきた細菌を殺すことも、老廃物として排出することも出来ません。
 スマホから手を放したら、この血液の状態がすぐに元に戻るわけでもありません。どのくらいの時間持続するのか恐いところです。

 学内スマホ禁止なら、日中約8時間位スマホ断ちできますが、休み時間OKだと、最悪、1日24時間のうち、ほとんど、上記の血液状態になる可能性があります。
 スマホやっていると夜更かしになり睡眠時間が削られますから、スマホなし連続時間はかなり少なくなります。
 部活なんかもあり、授業中寝ている生徒もいるそうです。そのうち、どのくらいの割合が、中学時代、授業中寝るなんてことがありえなかった優等生だったんだろうと考えると悲しくなります。
 
 スマホ使いたくない子でも、テスト範囲の変更、部活の連絡その他がLINEで流されるとなれば、スマホを触らないわけにはいきません。みんなそろって健康被害と成績低下……
 今回の、東大一般試験合格1名、旧帝医学部医学科現役合格0名は、決して、偶然ではないと思っています。多少の上下動はあると思いますが、このままでは……

 世界各国で、携帯の電磁波といろいろな病気(がん、白血病、認知症、うつ、不妊などなど)に関する論文が、大量に発表され続けているので、そのうち、ブログで記事にしたいと思っています。日本では、ほとんど報道されませんから。

 私見ですが、スマホの電磁波などによる悪影響が体の様々な所に出ていて、成績低下はその一面を見ているのに過ぎないのではと思っています。スマホ=成績低下のみ、とは考えにくいですよね。
 川島先生の場合は、勉強面から体の異常の一面を見ている。そんな気がします。

 スマ保育されている乳幼児の言語の遅れなども、電磁波などによる脳機能の発達阻害と私は考えています。
 そういう風に考えれば、説明がつく例が非常に多いと思います。だから、世界中の研究者が、電磁波とそれぞれの病気の因果関係に焦点を絞った研究をしているのだと思います。
 成果が見込めず、論文の発表も出来ないようなものを世界中の研究者が研究したりしませんよね。
 スマホと各病気の因果関係について、クロと疑ってかかった方が後で痛い目を見ないだろうと思っています。
 
 電磁波の問題は、携帯各社の資金力が今ほどなくなってきた時に一気に噴出してくるような気がします。


 休み時間スマホOKの学校(昼休みなんか長いですよね)は、狭い教室で、お互い電磁波を浴びせまくっているわけですが(恐ろしく気持ち悪い空間だと思います)、将来、どのような影響が出るのか、とても心配です。影響が出るとしたら、その多くが女子の方でしょうね。

 21世紀の公害、電磁波。受動喫煙やアスベストなんかをはるかにしのぐ悪影響がある可能性大です。


 話がちょっとそれたので、戻します。


 他校の生徒達は、LINE外しのいじめなどがあった場合どうするの?、教師が伝えず、生徒に伝えさせるとかあり得ないと、みんな口々にいいます。
 西高は、きちんと小テスト範囲も掲示板に貼っていて、教師が伝え、生徒に伝えさせることはないそうです。

 どうせ、ほとんど持っているんだから、学校祭の話し合いもクラスLINEでやろうなんて案が持ち上がったりもするそうです。この圧力のせいで買ったと思われる子もいるそうです。そりゃあ、40名中39人がクラスLINE入ってたら、相当な圧力ですよね。

 他校の生徒達は、クラスLINE入っていない子がいる時点でありえないし、公私の区別がなくおかしいという反応を示します(スマホ持っているかどうかは、人それぞれ。LINEという一企業のSNSに入っていないと不利益を受けるとかおかしな話だと思います)。そういう判断のつかない子達が入学してくる高校になってきているということだと思います。

 先日、2年前に、PTAなどの関係で北高に見学に行った人から話を聞く機会がありました。北高の生徒達が休み時間にスマホで遊んでいるのを見て、この学校ひどいなと思ったと言っていました。
 自由な校風の南高ならまだしも、コツコツまじめに勉強させている印象の強い北高だから、衝撃的だったんでしょうね。

 札幌は意外と狭い街です。学力上位層の子は、小学校時代から、進学塾、習い事その他で、かなりつながっています。もちろん、お母さん方も。
 教師陣は、高校入試の英数の配点を2倍などにして、大学受験に強い子が欲しいのかもしれませんが、先の保護者の発言にあるように、学力上位の子を抱える親たちから、北高は回避されてきているんだろうなと思います。

 教育熱心な親たちは、私以上に相当情報を集めている思います。札幌は狭いから集まりやすいと思います。
 北高の土曜講習の一時間以上ある待ち時間、昔なら、おとなしく問題集解いていたんでしょうが、今は、スマホその他で遊んでいる子達が多く、自習するにもうるさくて集中できない状態。これで、進学実績が上向いたら奇蹟です。中学時代は、自習時間に、おとなしく勉強しているような子が多かったんでしょうが、環境は人を変えますね。

 私も、今のスマホ天国の状況では、とても生徒にすすめられないので、普通に北高に受かる学力がある子達に、北高受験を避けるように言っています。今年の優秀な中3も、北高は受験しない予定です。
 
 
 早く、昔の優秀な高校に戻ってくれないかなあ……
 私立や遠くの高校に通う経済力のない優秀な生徒の行くところが……

 OBの人達、いろいろと動いてくれないかなあ……

 

 前回の答え

 正解は、4のプルースト


 第442問

  周期表の17族に属する元素を何という? (高校化学)
 
 1 アルカリ金属
 2 アルカリ土類金属
 3 ハロゲン元素
 4 ハゲロン元素
 5 希(貴)ガス元素
関連記事


スマホ汚染

新宿で女子大生が大量に倒れる

死を生み出している産業

札幌麻生個別指導のホームページへ
ブログタイトルをクリックすると新しい記事から順に読めます
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



にほんブログ村 教育ブログへ
リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



カテゴリー



FC2カウンター



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
77位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
7位
アクセスランキングを見る>>



プロフィール

sapporoedu

Author:sapporoedu



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログランキング

FC2ブログランキング



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる