札幌で個別指導塾開業を目指す三十代男性の日記
 現在、札幌在住の30代の私(40代突入しました)が、個別指導塾開業を目指す過程をブログにしてみようと思いました(開業しました)。教育関係のことなどもいろいろと書き込みたいと思います。 リンクフリー
リアルとなりの関君、再び
 ほんと、突然くるよなあ、彼女。

 大学入ってからの様子をいろいろと話してくれました。

 日曜日に小樽商大の学祭に行ったと言ったら、うちの弟目指してると。
 じゃあ、夏休みに弟呼ぶかという話になりました。元生徒のことは気になりますしね。妹も塾に入りたいと言っているそうです。どうしたものか……

 
 そういえば、中学の時に勉強を見ていた子(リアルとなりの関君と仲良し)、今年の大学受験だめだったので、今、予備校に通っているそうです。
 この子とも、たまにメールでやりとりしていますが、予備校に入ってとても勉強がわかるようになったと言ってました。

 「塾や予備校は必要ありません」とか言っている高校で相当上位にいた子が、予備校に行って、自分の勉強のダメな部分を自覚し、かつ勉強がわかるようになったと言っています。

 大学入試の第一関門は、いかに公立教師にだまされないか、これにつきると思います。

 熾烈な競争の中で生き残っている予備校講師たちの方が授業もうまく、質問にも的確にこたえられるのは、当然のことだと思います。
 授業の手抜きをしまくったとしてもクビにならない公立教師のレベルが、大手予備校の講師の平均レベルを超えているとは、私には、到底思えません。

 でも、言うんですよね「塾や予備校は必要ありません」
 生徒に信じさせて入試で失敗した時に責任もとらないくせに。
 それをあえて言うなら、落ちた時、責任くらいとったらと思います。

 学校という重荷から解放された彼女、実力的に、今年の旧帝合格は固いと思います。

 予備校行ったら、課題に追われて学校の課題がおろそかになるとか言いますが、生徒に部活加入圧力をかけて、さんざん時間を奪いまくっておいて、どの口が言っていると本当に思います。
 課題が多すぎて無理な予備校なら、やめて違う所を探せばいいだけ。

 高校は、一度入ってしまったら、特別な事情でもない限り転校できないので、塾や予備校よりかなりたちが悪い所です。
 授業カリキュラムや休日講習など、大切なところは、サイト見ても詳しく載っていない所がほとんど。部活の実績とか、子供達が自主的にやっている前提のものより、きちんと伝えるべきものがあるのではと思います。

 
 この子が、旧帝に受かった時、学校は、浪人生として実績に載せるのでしょうが、学校ではなく予備校の実績ですよね。
 予備校にいかず、もう一年、母校に通ったとしても、受かるのかどうか。
 

 前回の答え

 正解は、nephew

 
 第438問

 昔、猿楽といわれていたもので正しいのは? (日本史、音楽) 
 
 1 猿回し
 2 能楽
 3 雅楽
 4 人形浄瑠璃
 5 神楽 

関連記事


スマホ汚染

新宿で女子大生が大量に倒れる

死を生み出している産業

札幌麻生個別指導のホームページへ
ブログタイトルをクリックすると新しい記事から順に読めます
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



にほんブログ村 教育ブログへ
リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



カテゴリー



FC2カウンター



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
125位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
9位
アクセスランキングを見る>>



プロフィール

sapporoedu

Author:sapporoedu



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログランキング

FC2ブログランキング



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる