札幌で個別指導塾開業を目指す三十代男性の日記
 現在、札幌在住の30代の私(40代突入しました)が、個別指導塾開業を目指す過程をブログにしてみようと思いました(開業しました)。教育関係のことなどもいろいろと書き込みたいと思います。 リンクフリー
高卒認定、過去問解いてみました
 夜遅くの時間帯に小中の生徒はあまり来ないだろうということで本気で高卒認定(英数)を教えようかと思っています。
 それで、教えるにあたり今の自分の実力がそれに足りているのか知るために(高校の時から20年くらいのブランクありますから……)高卒認定の過去問を買ってきて平成20年度第1回の数学を解いてみました。
 
 なんとか、かろうじて100点満点でしたが、かなり忘れているなという印象です。ただ、正直、ホッとしました。教えますと言っている人間が70点や80点だと話しになりませんからね。
 
 
 高卒認定の問題を解いていて思ったのが、問題が非常に親切に作られているということです。いろいろな解き方で解けるように問題が配慮されていると感じました。

 例えば、図形の問題にしても余弦定理に当てはめて解く問題が余弦定理を知らなくても簡単な三角形の角度と辺の比からも求められるようになっていたり、方程式を使ってとく文章題が簡単な整数をあてはめてちょっと試行錯誤すれば解けるようになっていたりなどなどです。引っ掛け問題もほぼありませんでした(一問ほどそう取られるかなというのはありましたが)。

 高卒資格を取らせるための救済的な試験というのを反映しているんでしょうね。ちなみに今現在では、「確率」「集合」「場合の数」「自然数の列」からは出題されないそうです。指導要領に連動しているみたいなので今後変更とかはありうるでしょうが。

 高卒認定だから高校数学全分野からの出題だと思ってチャレンジしない人も多いかもしれませんね、共済措置的試験ならもっとそのことを大きく宣伝してもいいような気がします。あと、数検2級(高2程度)以上は数学が免除になるとか英検準2級以上は英語が免除になるとかも(日本史と世界史も歴史能力検定2級以上で免除です)。

 高卒認定自体は高1の年令からしか受けられませんが、各検定は年令関係なく受けられます。不登校の中学生で将来大学を目指すなら早めに検定で4科目取っておくと後で楽でしょうね。
 
関連記事


札幌麻生個別指導のホームページへ

スマホ汚染

新宿で女子大生が大量に倒れる

死を生み出している産業

ブログタイトルをクリックすると新しい記事から順に読めます

テーマ: - ジャンル:学校・教育

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://sapporoedu.blog74.fc2.com/tb.php/132-c6462a00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

にほんブログ村 教育ブログへ
リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



カテゴリー



FC2カウンター



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
97位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
8位
アクセスランキングを見る>>



プロフィール

sapporoedu

Author:sapporoedu



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログランキング

FC2ブログランキング



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる