札幌で個別指導塾開業を目指す三十代男性の日記
 現在、札幌在住の30代の私(40代突入しました)が、個別指導塾開業を目指す過程をブログにしてみようと思いました(開業しました)。教育関係のことなどもいろいろと書き込みたいと思います。 リンクフリー
部活という名の軍隊ごっこ  部活動の問題点その25
 今回、栃木県那須町のスキー事故で8人がなくなりましたが、実際、あれは、今、問題になっている高体連、中体連問題のひとつだと思います。

 山登りのような趣味的なものでも、競争させて順位をつけなくては気がすまない脳筋教師が学校中にいて、まだ、判断力の弱い子供の生徒に、勝つことが全てと教え込んでいる。それが、今の日本の学校の現状だと思います。

 中高の多感な時期に、いろいろな経験をさせず、特定の部活一色の青春時代をすごさせる。そして、その生徒が教師になっても、生徒に部活部活と連呼する。
 人間、自分の通ってきた道を美化する傾向があります。
 教師が部活を美化するのも当然かもしれません。だって、多くの場合、自分の高校時代、部活ばかりで、他の経験をしていないんですから。比較対象になる様々な社会経験がほとんどないでしょう。部活バカは。

 壮行会とかいう、戦前の軍隊の出征を彷彿とさせる気持ち悪いイベント。教師は、ほんと戦争大好きなんですね。

 学校は勉強をする所です。部活は生徒の自主的活動にすぎないんですけどね……

 戦国大名や軍師きどりの顧問もいますしね。テレビゲームなどではなく、実際の人間を使った、学校間戦争ゲームはたまらなく面白いんでしょうね。戦績が出れば、勝ち名乗りを喜ぶかのように学校のサイトに載せたり、垂れ幕出したりしてますよね。
 

 ただ、いい兵隊集められないと勝てないので、入試で優遇。

 千葉県の公立高校入試に部活実技あるのは、前々から頭おかしいと個人的に思っていましたが、まさか、100点以上も点差がついていたとか驚きです。

 部活実技選択者の約3分の1がA評定で、それを選ばなかった生徒のA評定は、0~1人。
 不合格になった生徒達は訴訟を起こしていいレベルだと思います。というか起こすべき。学校なんて所は、外圧でもくらわないと変わりません。

 しかし、100点上乗せか…… ほとんかな……
 部活実技A評定は全員合格とかしてないのかな。全員合格させるために、100点も差がついちゃったとか……

 勉強なら、義務教育で習いますが、部活実技なんて、経済力のある家庭が圧倒的に有利。公立学校で、こんな不公平極まりないことをやっている高校は、処分対象にすべきでしょう。
 教師の採用にも部活優遇があります。これも大問題だと思います。部活で勝つためなら何でもありという、なりふり構わない採用だと思います。

 今の日本の社会で、学校ほど暴走している所はないと思います。はっきり言って、異常。

 部活労働がアホなレベルなので、まともな大学生が教師という職をさけ、教師のレベルが急降下中。塾で教えていると、いろいろな教師の話を生徒達から聞きます。
 作成したテスト問題を見てもひどかったり、授業でも平気でうその説明とか、教師のレベルの低下がすさまじいと思います。

 当然、教師の頭が悪いと、話が通じなくなります。
 保護者がいろいろ訴えても、ポカ~~ンとして、何を言っているのか私の頭ではよく理解できません状態でしょうね。

 今回の事故に限らず、運動関連は命の危険をともなうことがあるもの。大人なのに、先生なのになんでと考えると、問題の解決につながらないと思います。

 知識や思考力のない大人たちが教師になり、命の危険をともなうものの指導者になっているということが最大の問題です。

 山岳ガイドが案内して、事故が起これば、山岳ガイドに責任がありますが、今回の事故、ベテラン教師が現地にいず、近くの旅館に宿泊していたとのこと。驚きです。

 文科省が、原則冬山登山禁止しているのに、なぜか、雪山の中を歩くラッセル訓練。
 登山のインターハイには筆記試験もあるそうですが、その中に雪山登山に関するものでもあるのでしょうか。だとしたら、勝つために、実施でしっかり覚えておこうということだったのでしょうか。

 この学校、85kmのコースを26時間かけて歩く強歩大会とかあるそうですが。
 一般社会から考えれば、ただの子供の虐待。教育という名目があれば、虐待と感じない人が多いのも大きな問題だと思います。

 私の高校にも、似たようなアホ行事ありましたが、体育会系脳筋教師は、身体に苦痛を与えれば、忍耐力がつくとか、仲間意識が芽生えるとか本気で思っているんでしょう。

 体に苦痛を浴びたくらいで、そう簡単に何か得られるほど、世の中甘くないということがわかてっない。
 苦行というのは、ただ耐えるだけで、頭使わなくていいから、楽なお手軽イベント。結果が伴わなくても、やり遂げたという達成感に騙されしまいます。

 よく、「あの時、俺はあんな大変な経験をしたから今回もこんな大変なことを乗り越えることができた」なんて言うのがいますが、そんな経験しなくても、乗り越えているやつが、世の中にはごまんといたりします。
 
 あんな大変な経験した俺すごい!!とかいう選民思想なんでしょうね。
 いい変えれば、あんな大変な思いした俺は、なんでも乗り越えられるけど、お前らなんて無理でしょとかいう思考。

 まあ、半強制状態の苦行を体験したくらいで、根性なんかつくわけありません。毎日ハードな練習をしている運動部の連中に、週一の休みに、自主的に毎週8時間勉強しろと言って、根性で、それをこなせる人間がどれだけいるのか。

 今回の事故、吹雪の中での決行ですから、この位の雪がなんだという歪んだ根性論思考が絶対にあったと思います。
 
 進学校みたいですから、危険性を察知していた生徒も複数いたはず。部活のような関係だと顧問に逆らえないでしょうから、雪崩に巻き込まれるかもという恐怖を感じながらも、仕方なく参加していた生徒もいたと思います。

 高体連も、登山のような命の危険を伴う活動に、素人の顧問をつけているわけですから、かなりの責任があると思います。
 各高校に専門家の顧問をつける。できないなら、その高校での登山部の活動は停止とか、民間の発想なら当たり前のことだと思います。

 そろそろ、学校教師からも逮捕者が出て欲しいですね。他業種なら逮捕が当たり前のことでも、教師だと甘いです。部活、その他の運営の過失で逮捕者がどんどん出るようになれば、一気に安全対策が進むと思います。甘いから、安全対策が進まない。

 今の日本で、一番子供を殺しているのは教師だと思います。部活強制で逃げられなくして、そのためにいじめにあって自殺とか、その他もろもろを入れたら、学校が原因の子供の死者はかなりの数にのぼると思います。


 中体連や高体連。その解体も含めて、関係省庁で話し合うべきところまできているのではないかと思います。


 今回、ブログの問題はありません。


 部活のやりすぎで将来不妊  部活動の問題点その1
 
 授業より部活に夢中な教師 部活動の問題点その2

 部活のせいで不登校 部活動の問題点その3

 部活動と頭の悪さの関係  部活動の問題点その4

 部活動と女子の不妊や障害児出産  部活動の問題点その5

 部活動と体内時計障害  部活動の問題点その6

 悲鳴が聞こえる  部活動の問題点その7 

 生徒がよく死ぬ  部活動の問題点その8

 教師の残業代  部活動の問題点その9

 現在の異常な部活はほとんど教師のせい 部活動の問題点その10

 部活で成績低下 部活動の問題点その11

 部活は時間の無駄  部活動の問題点その12

 なんか気持ち悪い記事だな…… 部活動の問題点その13

 体罰の連鎖   部活動の問題点その14

 部活のせいで授業がつぶれる  部活動の問題点その15

 部活のせいで将来破産  部活動の問題点その16

 部活と自殺  岩手県の統計を見て  部活動の問題点その17
 
 部活の実績で文武両道とかバカみたい  部活動の問題点その18

 部活って、やってることがくだらない  部活動の問題点その19

  部活のお金の負担は受益者負担が原則だと思います  部活動の問題点その20

 部活の人権侵害  部活動の問題点その21

 部活殺人  部活動の問題点その22

 リアルポケモンGO 部活顧問はポケモンマスター  部活動の問題点その23

 部活と不妊 卵子の減少や老化など  部活動の問題点その24
 
関連記事


スマホ汚染

新宿で女子大生が大量に倒れる

死を生み出している産業

札幌麻生個別指導のホームページへ
ブログタイトルをクリックすると新しい記事から順に読めます
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



にほんブログ村 教育ブログへ
リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



カテゴリー



FC2カウンター



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
65位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
5位
アクセスランキングを見る>>



プロフィール

sapporoedu

Author:sapporoedu



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログランキング

FC2ブログランキング



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる