札幌で個別指導塾開業を目指す三十代男性の日記
 現在、札幌在住の30代の私(40代突入しました)が、個別指導塾開業を目指す過程をブログにしてみようと思いました(開業しました)。教育関係のことなどもいろいろと書き込みたいと思います。 リンクフリー
こんな時期にまた中3生が入塾
 12月に中3生を受け入れることになりました。12月に中3生を受け入れるのは、これで3人目です。相変わらず志望校には届きませんが、また合格まで持っていきたいと思っています。

 この時期に中3生を受け入れるのはもうやめようと思っていました。
 偏差値60未満の子も受け入れないことにしていましたが、今回は、特別にOKにしました。


   だって、リアルとなりの関くんの弟だし!!


 何度か会っていて、知らない子でもないですしね。
 部活引退してからは、頑張っている様子。塾なしの自力で、AテストからCテストにかけて、偏差値を7くらいアップさせているのは、立派です。

 面談にお姉ちゃんもついてきたらとメールしたら、「行けたら行きます!」と返信してきたので、久しぶりにリアルとなりの関くんを見て楽しみたかった私は、「こないと、関くんのこと何話すかわかんないよ」と脅しをかけておきました。脅しがきいたのか、お姉ちゃん本体もついてきました。
 まあ、結局、授業中の関くんの落書きの傑作とかをお母さんや弟に見せてあげましたが。
 関くん相変わらずで、塾に着くなり関くんがいない間に増えていた塾内のグッズを触りまくっていました。


 関くんの弟、将棋が好きなんですね。今度、対戦してみたいですが、その余裕があるかどうか……


 そういえば、この間、ある生徒に将棋の指し方を教えました。駒の動き方をその前の回にちょっとだけ教えていて、今回は、さらにしっかりとといった感じでした。金と銀の動き方もしっかり覚えられたようです。

 教えるのにほとんど時間をかけてないのに、とても覚えが良かったので、11手詰めの詰将棋を出してみました。

  その生徒、解いちゃいました

 人にものを教えることが多い私なので、小学校時代から、100人以上には将棋の指し方を教えていると思いますが、女子で、この覚えの良さは驚異的ですね。さすが、超優秀(仮)な生徒。
 まあ、塾の先生的には、それだけ教え方がうまいと言って欲しいところですが。

 11手詰めが解けたので、次に難しい問題を出してみました。しかし、手数は3手。
 なかなか解けないので、答え教えてあげるかと何度か言ったのですが、頑なに拒否されました。こういう、問題にくらいついていく姿勢が数学の成績の良さなどにつながっているんでしょうね。その調子で文系科目も……


 P.S.
 出題した11手詰めは、私の世代なら知っている人も多い有名なものです。
 相手方は、玉1枚で、居玉の位置。
 味方の駒は、3段目全部に歩が並んでいます。
 持ち駒は、香車4枚と角1枚です。


 前回の答え

 正解は2の中心


 第267問

 化学反応のとき、原子が電子を失うことを何という? (高校理科) 

 1 停電
 2 酸化
 3 略奪
 4 失恋
 5 還元
 
関連記事


スマホ汚染

新宿で女子大生が大量に倒れる

死を生み出している産業

札幌麻生個別指導のホームページへ
ブログタイトルをクリックすると新しい記事から順に読めます
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



にほんブログ村 教育ブログへ
リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



カテゴリー



FC2カウンター



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
96位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
12位
アクセスランキングを見る>>



プロフィール

sapporoedu

Author:sapporoedu



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログランキング

FC2ブログランキング



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる