札幌で個別指導塾開業を目指す三十代男性の日記
 現在、札幌在住の30代の私(40代突入しました)が、個別指導塾開業を目指す過程をブログにしてみようと思いました(開業しました)。教育関係のことなどもいろいろと書き込みたいと思います。 リンクフリー
数学難問BEST100
 「数学難問BEST100」という本を買ってきました。難問ですが、中学の知識があれば、挑戦できる内容になっています。

 本の紹介文は以下のようになっています。

 本書は、アルキメデスやニュートン、オイラーなど大数学者たちが解いた古典難問の中から「高校数学の知識がなくても挑戦できる、かつ、パズルとしても十分楽しめる良問」を100問厳選した数学難問集です。
 もしあなたが数学好き・パズル好きならば、これにチャレンジしない手はありません。偉大な数学者たちが到達した世界に挑戦し、彼らの追体験をすることができるからです。

 こういうの楽しいですね。もろ文系人間の私ですが、時間があれば、こういう類の本を休みの日にゆっくりと読んでいたいです。他にやることが多すぎて、なかなか時間が取れません……

 生徒には、早く寝るように言っていますが、数学の問題を考えていて朝まで徹夜ということが高校時代に何度かありました。早寝早起きを意識していたので、数日ですみましたが。それに、ハードな運動部所属だったので、徹夜明けで部活なんかに行ったら命の危険を感じたというのも徹夜が少なかった理由のひとつです。

 数学の問題といっても高校数学の問題ではありません。そんな問題に徹夜なんてしません。
 人生ヒマな時のライフワークにしようと思って、まだ、誰も解いたことがない数学の難問に挑戦していました。数学には、そういう問題がたくさんあります。
 まさか自分が解けるとは思っていませんでしたが、数学の場合、偶然とかありますし、自分が生きているうちに数学も進化するでしょうから、その手法をみにつければ、もしかしたらと思っていました。
 超偶然で、自分が死ぬ10年くらい前に解けるかもしれません。まあ、それはそれで、次にやる問題の時間もないので、死ぬまで解けて欲しくもないような……

 結局、その問題は、他の人が先に解いてしまいました……

 数学的にいろいろ考えるのは好きですね。高校の時は、確率の計算にもはまりました。数学者同士のポーカーの役の確率の論争の歴史も面白かったです。

 いろいろ数式いじったり、つくったりして遊んでいたのが功を奏したのか、高3の時の全国模試の確率統計(当時は高3で習いました)の所は楽勝でした。もろ文系人間なのに、数学で全道1位がありました。まあ、超まぐれなので、2度目はありませんでしたが……
 文系人間なので、文系科目の成績の方が安定的に良かったです。

 ヒマな時間があれば、数学いっぱいやりたいなあ……
 

 前回の答え

 正解は2のドラクロワ

 
 第230問

 分母と分子が整数で、分母と分子が互いに素である分数を何という? (高校数学)

 1 素数分数
 2 既約分数
 3 婚約分数
 4 帯分数
 5 目分数
関連記事


スマホ汚染

新宿で女子大生が大量に倒れる

死を生み出している産業

札幌麻生個別指導のホームページへ
ブログタイトルをクリックすると新しい記事から順に読めます
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



にほんブログ村 教育ブログへ
リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



カテゴリー



FC2カウンター



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
125位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
9位
アクセスランキングを見る>>



プロフィール

sapporoedu

Author:sapporoedu



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログランキング

FC2ブログランキング



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる