FC2ブログ
札幌で個別指導塾開業を目指す三十代男性の日記
 現在、札幌在住の30代の私(40代突入しました)が、個別指導塾開業を目指す過程をブログにしてみようと思いました(開業しました)。教育関係のことなどもいろいろと書き込みたいと思います。 リンクフリー
生徒の紹介料として現金を支払うことにしました
 新規開業につき、ただビラをまいたとしても反応があまりないのはわかりきっているので(2000~3000枚に一件問い合わせがあればいい方、そこから入塾してくれるかどうかは別)、紹介料を支払うことにしました。

 現金だと生々しくイメージも悪いのでかなり迷いましたが、やはり現金にすることに決めました。一人につき20000円ほど(18歳以上にして子供は除きました。子供を営業には使いたくないので)

 なぜ、現金にしたかというと、いろいろと利点があるからです。いろいろ考えてみて改めて価値の交換手段としてのお金の優秀さを実感しました。

 まず、相手口座に送金すると銀行に記録が残ること。商品券や図書券だともらったもらってないという問題が起こる可能性があります。クレーマーが話題になる時代ですから、もらったのにもらってないという人が出てくることだってありえます。
 それじゃあ、券類をあげるときにもらったというサインや印鑑をもらうという方法はどうかということですが、これは、相手がこちらに来るか、こちらが出向くかしなくてはなりません。数が増えると行くのも大変ですし(最初は副業の中での授業ですから自由時間があまりありません)、授業中にこられるのも授業に差し支えます。

 それから、券類を相手に渡したときに現金ではないので領収書はきれないだろうということ。口座振込みだと領収書の必要が生じません。記録は証明できますから。
 何が問題かというと税務申告です。もし、年間20人の紹介があったとしたら40万の控除です。券類を自分で買って渡したという証明はいろいろと面倒そうです。個人で少ない売上でやるわけですから売上に占める控除費の割合もかなりのものでしょう。
 ここをきちんとしないで損益分岐点を割り込み倒産というのは避けたいですね。

 その他、会計上の勘定科目の処理など、現金だと、面倒な問題が一発で解決します。会社組織みたく多きくないので、個人でやるとなると煩雑な処理は避けるのが無難でしょう。その時間を生徒の授業などに使うべきでしょうから(もちろん営業活動もおろそかにできませんが……)。


 紹介料の最大の問題は、それだけを目当てにして勉強する気もまったくなく塾に来ても騒ぐような子を連れてくる人がいないかどうかです。大量にそういう子を連れて来られたら最近聞いた塾の学級崩壊状態になってしまう可能性があります。
 
 残念ながら、今の所、私は学習障害児に対するノウハウを持っていないので対応しきれません。興味を持っていろいろと本などは読んでいるんですが…… とても対応が難しいというのだけはわかります。
 個人の塾で、あそこは生徒が騒いで勉強にならないという噂がたったら塾が吹き飛ぶには時間はかからないでしょう。
 力になりたくてもやはりこういうのは行政がやるか行政が支援しないと難しいんでしょうね。
関連記事


札幌麻生個別指導のホームページへ

スマホ汚染

新宿で女子大生が大量に倒れる

死を生み出している産業

ブログタイトルをクリックすると新しい記事から順に読めます

テーマ: - ジャンル:学校・教育

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://sapporoedu.blog74.fc2.com/tb.php/110-a7194dd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

にほんブログ村 教育ブログへ
リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



カテゴリー



FC2カウンター



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
96位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
8位
アクセスランキングを見る>>



プロフィール

sapporoedu

Author:sapporoedu



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログランキング

FC2ブログランキング



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる