札幌で個別指導塾開業を目指す三十代男性の日記
 現在、札幌在住の30代の私(40代突入しました)が、個別指導塾開業を目指す過程をブログにしてみようと思いました(開業しました)。教育関係のことなどもいろいろと書き込みたいと思います。 リンクフリー
桜まつり
 そろそろゴールデンウィークです。道内各地の桜まつりのシーズンもそろそろですが、例年より咲き始めがかなり早いです。
 そういえば、全道11の高校の某部活が松前の桜まつりで出し物をするそうです。元生徒が入っていたのと同じ部活ですが、その高校もいくのかもしれません。

 ということで、松前の記事でも書いておきます。シーズンですし。

 桜の種類も250種と多く、咲く時期も違うので約1か月桜を楽しめます。幽霊伝説の残る有名な血脈桜は早咲きなので、今時期が見ごろです。
 左右に約17メートルも広がった枝は圧巻です。高さ8Mもあるのですが、それを感じさせないくらいの広がりです。

 夫婦桜というのもあります。一つの枝からソメイヨシノと南殿が咲いているという珍しい桜です。ちょっと急な坂の所にあるので、足腰の弱い高齢者が見るのはきついかもしれません。ただ傾斜がきついだけならいいですが、横にすべって落ちると面倒です。
 夫婦桜も今が見頃です。
 
 品種がわからないと楽しくないという人のためにか、それぞの木の枝に品種を書いたカードがぶら下がっています。


 松前は、昔は鉄道が通っていましたが、廃線になりました。公共交通機関でいくなら、函館から木古内まで電車でいって、そこからバスに乗ることになります。約1時間半。
 木古内駅には、エレベーターもエスカレーターもありませんが、新幹線駅として開業したら、立派になるでしょうね。

 バスに乗って間違って松前出張所まで行くと遠まわりです。松城というところで降ります。桜のある所は山になっているので、体力がない人はきついかもしれません。
 高齢の観光者も多いことへの配慮なのか、今時期は、松城で降りるとシャトルバスで山の上の松前藩屋敷まで運んでくれます。山を下りながらの観光なら、高齢者の体にもやさしいということでしょう。

 札幌から行くなら、函館を経由すると思います。五稜郭タワーの展望台からみる桜もものすごくきれいです。品種がたくさんあるわけではないので、一斉に咲きます。この一斉に咲いた桜の展望台からの眺めがすごくいいです。明日も見頃です。今回は開花が早いので、ゴールデンウィークまでもつか……
 近くの住宅街にある桜のトンネルも見どころだそうです。約600M続く桜のトンネル。住宅街で道路幅がせまいので、両脇の桜の枝が近くなり、トンネルのようになるんでしょうね。

 函館人と話しましたが、最近の賑わいは函館公園の方だそうです。五稜郭内に函館奉行所が出来てから、火の取り扱いに厳しくなったのが原因かなと話していました。展望台も19:00に閉館で早くしまりますしね。ちなみに近くの丸井今井も19:00閉店です。
 函館公園の方が小さな子供が遊べる場所も多いので、家族連れは、そっちに行くと言っていました。
 奉行所できたのはつい最近だと思います。現高校生が、中学の修学旅行で函館に行くというときに、奉行所の話をした記憶があります。


 中高の部活は休みもフル稼働ですね。連休中でも休みますといいにくい部活の場合、中学と同時に家族旅行が出来なくなります。
 確かに観光地に行くと、小学生連れは多いですが、中学生連れの親子とか、一気に減るような気がします。中学1年になっても一緒に旅行できると思っていた親は悲しいでしょうね。今の部活は、家族の思い出づくりも奪います。


 前回の答え

 正解は1の神送り


 第156問

 go to bed の意味? (中学英語1年)

 1 ペットを買いに行く
 2 寝る
 3 永眠
 4 学校に行く
 5 夢遊病
関連記事


スマホ汚染

新宿で女子大生が大量に倒れる

死を生み出している産業

札幌麻生個別指導のホームページへ
ブログタイトルをクリックすると新しい記事から順に読めます
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



にほんブログ村 教育ブログへ
リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



カテゴリー



FC2カウンター



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
150位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
14位
アクセスランキングを見る>>



プロフィール

sapporoedu

Author:sapporoedu



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログランキング

FC2ブログランキング



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる