札幌で個別指導塾開業を目指す三十代男性の日記
 現在、札幌在住の30代の私(40代突入しました)が、個別指導塾開業を目指す過程をブログにしてみようと思いました(開業しました)。教育関係のことなどもいろいろと書き込みたいと思います。 リンクフリー
接種後死亡、調査せず 日本脳炎ワクチンで国
 ニュースで、「接種後死亡、調査せず 日本脳炎ワクチンで国」というのを見ました。

 同省の「9月時点では同様の死亡例などが他になく、緊急の対応が必要な状況ではないと判断した」とのコメントは、もし因果関係があったとしても、ないかもしれないから2,3人死んでからじゃないと動かないよとも受け取れます。やっぱり、すごい官庁ですね。疑わしきものは調べるという姿勢にはならないんですかね。

 日本脳炎ワクチンで7月に1人、そして、今月に1人、不活化ポリオワクチンで今月1人と計3人がなくなっていますが、報告義務がないそうですから、本当はもっと多いのかもしれません。
 せめて報告義務くらいは法制化して欲しい思います。私が悪い人間で製薬会社に勤めていたら、報告しないことに謝礼を送ると思います。

 そういえば、子宮頸がんワクチンのサーバリックスをつくっているグラクソスミスクライン社への30億ドル!!の罰金のニュースがYOUTUBEにアップされていました。アメリカABCテレビの映像です。

 http://www.youtube.com/watch?v=Y8GrtP0ln9o&feature=player_embedded

 マドンナのコンサートのチケットとかハワイへのクルーズとかすごいですね。
 
 訳している人いないかなと思ったらいましたね。英語がわからない人は参考になりますね。
 
 http://ameblo.jp/friends-dc/entry-11298646443.html



スマホ汚染

新宿で女子大生が大量に倒れる

死を生み出している産業

札幌麻生個別指導のホームページへ
ブログタイトルをクリックすると新しい記事から順に読めます
関連記事

テーマ: - ジャンル:学校・教育

慶応大学の学生が飲酒で死亡
 やはり、慶応大学で飲酒死亡事故があったんですね。小樽商大の飲酒事故が話題になったときに、ツイッターで触れている人がいました。そのときに、すでにテニスサークルの飲み会で……ということがネット上ではちょっと話題になっていました。

 それにしても、数ヵ月後の報道で、サークル解散でおしまいなんですね。報道のとおり、学生が互いに一気飲みをすすめるなどしていたなら、すすめた学生にもなんらかの処分があってもいいような気がしますが。

 フェイスブックを就職活動対策としてやる学生やツイッターをやる学生も多いので、今は、こういうことがあるとすぐにネット上に書いてしまって認知されてしまいますね。この時期には、小樽、慶応以外にもつぶやかれていた大学があります。

 飲酒死亡の事実を知るには、報道よりも学生のツイッターなどをひろっていった方が速いのかもしれませんね。ASKには、こういうのも集めて、次に活かして欲しいと思っています。


 P.S.
 札幌マラソンの完走証が届きました。見てびっくり、タイムや順位が丸見えのハガキです。別に私自身は見られても気にしませんが、個人情報のうるさいこの時代にシールもなしとは驚きました。もらいたくない人もいるでしょう。
 参加費用を上げてもいいからシールつきにしてくれとか、「完走証を送らないで欲しい」の項目を申込書に入れて欲しいという人がいっぱいいそうな気がします。

 お祭り気分で走っている人は別として、タイムを気にしている人にとってみれば、テストの成績丸見えのハガキが送られてきたという気分でしょうね。これはこれで緊張感があっていいのかもしれませんが。

 内容は親切です。私が出たカテゴリーの場合、5キロ通過タイムやその時の順位も記載されています。
 年代別順位、総合順位、参考ネットタイムも出ています。フィニッシュタイムも出ているので、グロスとの差もわかります。

 スタートしてからスタートライン通過するまで、一分半もかかっているとは……

 ハーフはもっとすごかったでしょうね。最後尾、3分以上はロスしてそうな気がします。いっぱい並んでいましたからね。


スマホ汚染

新宿で女子大生が大量に倒れる

死を生み出している産業

札幌麻生個別指導のホームページへ
ブログタイトルをクリックすると新しい記事から順に読めます
関連記事

テーマ: - ジャンル:学校・教育

勉強するようにマラソンの練習をしたらどこまで速くなれるのか⑤
 昨日、北海道ロードレースに参加してきました。6,7年前に初参加してまた行きたいと思っていた大会に昨日またやっと出ることが出来ました。一応、生徒の体育に活かすための参加なので、趣味ではなくそれなりのスピードで走ってきました。

 それなりのスピードで走るとやっぱり息が苦しいですね。体重も減ってきたので、最近出ている10キロの大会よりも頑張りました。約10分の短縮です。さすがに10キロで10分の短縮はこたえます。まだ、メタボなだけにスピード出すと坂がきつく感じます。もっと、体重をしぼらなければ…… そして、さらに10分短縮。きっと、死にますね……

 体重が減って、走ることが多くなったからか、疲れにくくなりました。よく、保護者の方に私が作っている問題集の説明をすると、いつ寝ているんですかと聞かれるのですが、運動しているから徹夜が出来ているんでしょうね。授業も体力勝負ですしね。この間、授業前と授業後で体重をはかったら2時間で650グラム減少していました。
 自習メインの生徒の時は、別として、ずっと説明する必要のある生徒の時は、相当カロリーを消費しているんですね。どうりでおなかがすくはずです。

 
 北海道ロードレースは、私が継続的にマラソンに出るようになったきっかけの大会です。

 マラソン=きつい というイメージがあったのですが、この大会でゴールする人達の表情を見て、そんなにきつくないのかもと思うようになりました。記録狙いでなくマイペースで走れば、マラソンってたいしたきつくないと気づくのにそう時間はかかりませんでした。

 そして、お楽しみ抽選会。マラソン走ってそれで終わりと思っていたら、抽選会があるといいます。初参加して初当選しました。
 これで、意外とマラソン大会って面白いかもとさらに思いました。抽選会の商品に生鮭一本とか折りたたみ自転車とかあってすごいなと思いました。


 昨日の抽選会は、生鮭が4本でした。普段は、10本くらいあるそうです。不漁の影響みたいですね。
 折りたたみ自転車は2本ありました。司会の人が言っていた、当たった人は、乗って帰ってくださいねのフレーズも毎年お決まりのようです。今年は、岩見沢の人が当たっていました。岩見沢なら、自転車で帰れますね。でも、折りたたみだときついか……

 その他、数本ずつあったのが、米5キロ(ゆめぴりか新米)、たいやき60個、水産加工品詰め合わせ(結構大きい箱でした)、ワイン、果物つめあわせ(余市の走ろう会が来ていたからかもしれません。横で販売もしていました。商品売り切れになってました)、インソール作成権(オーダーメードでつくってもらえるということでしょうか?)、ランニングバック(六千円位するものだそうです)などなどです。

 そして、最後に新宿ハーフマラソンご招待券2本です。これも、どうやら毎年恒例のようです。航空券と宿泊費用と大会参加権利のセットだそうです。空港までは、自費とのことでした。

 今年は、事前抽選があるので、抽選会は短縮されますと言っていましたが、約30分やっていました。初めて出た時にどのくらい時間かけてやっていたのか忘れましたが、一時間以上は、きっとやっていたんでしょうね。それだけ、当たる人が多い大会ということでしょう。

 
 マラソン大会に話を戻すと、シーズン終盤のそれなりにでかい大会ということもあり、なんか全体的に速い人が多かった気がします。まだ、記録が全部掲示されていませんが、私のカテゴリの例だと、多分50分切っても上から半分に入れないと思います。
 距離が、ほんのちょっと短かかったことや、寒かったこともあるかもしれませんが、それでも、他大会よりは、全体の平均タイムが上のような気がします。来年は、この大会での上位3分の1入りを目指したいと思います。

 そういえば、おととい新聞に載っていた、札幌のアイサム社が開発したという穴を開けられるゼッケン、さっそく全部穴をあけて使ってみました。寒かったので、あまり変わらなかったですね。暑いときだと違うんでしょうが。
 穴を開けている人は少なかったです。まだ、知らない人が多かったからでしょう。おととい新聞報道されたばかりで、初使用が昨日の大会だったそうですし。
 普及はこれからでしょうね。


P.S.
塾の生徒の学校の先生がまた走っていました。速かったです。こういう大会って結構学校の先生が出てますね。どんな先生が生徒を教えているのか見るのも楽しいです。
 

スマホ汚染

新宿で女子大生が大量に倒れる

死を生み出している産業

札幌麻生個別指導のホームページへ
ブログタイトルをクリックすると新しい記事から順に読めます
関連記事

テーマ: - ジャンル:学校・教育

勉強するようにマラソンの練習をしたらどこまで速くなれるのか④
 今日、サンシャインスポーツクラブ主催の健康マラソン大会に行ってきました。

 受付をすませると、すぐにとなりに抽選箱があって、引いてくださいといわれたので、列に並びました。はずれなし、全員に何かがあたる抽選会です。こういうのいいですね。
 時折、福引の時になるベルの音がしていました。きっと、いいものがあたってたんでしょうね。パンフレットには、ホテル宿泊券、ギフトセットその他豪華商品と書いていました。ブログに当たった米(5キロ)の写真をアップしている人もいました。今回、子供の参加が多かったので、抽選は楽しめたのではないでしょうか。

 北海道の大きなマラソン大会も終了したからかハーフの参加者少なかったですね、やはり、夏は、北海道マラソンの練習をかねて大量にくるのでしょうか。

 親子マラソンは、38組もいました。マラソンブームもあり親子で参加する人も増えているのでしょうか。手元の時計で見ていたのですが、優勝が12分ちょうどくらい、数え間違いがなければ6位入賞が15分前後といったところでしょうか。小学生にしては、速いですね。
 先にゴール直前まできて親を何分も待っている子もいました。

 サンシャインの大会は、子供だけのカテゴリーはなかったと思いますが、今回、3km(特別)という枠があって子供単独で41人もエントリーしていました。こういう枠っていいですよね。


 自分のマラソンに関してですが、減量目的ばかりだと、なかなか速くならないので今回はデブなりにちょっと頑張ってみることにしました。目標は上から3分の1の順位。半分くらいなら大丈夫なので、ちょっと欲張りました。
 順位がすぐに出る大会ではなくネットでも確認できないので、折り返しランナーを数えていました。10番以内には入れたようです。まあ、まずまずでしょう。二ヶ月前のサンシャインの大会より約7分の短縮です。

 デブでアスファルトをそれなりのスピードで走ると足が痛みます。もっとやせようと強く思いました。走っているときに贅肉のかたまりが無理やりジャンプして前に進んでいるような錯覚に襲われました。あっ、錯覚じゃないのか…… 

 昔は、もっと軽やかに走れたのに……

 まあ、今より体重が30キロは少なかったですからね、1キロ、3分20秒以内だったと思います。それが、今は…… 

 時の残酷さを感じます。 
 
 食いすぎなだけですが……


 走っている途中、靴紐がほどけました。この間、靴を買ったときに、紐は、丸タイプ、平タイプどちらがいいですかと聞かれたときに、何も考えずに丸タイプと言ってしまいました。どっちも変わらないだろうと思って。
 家に帰って、結んでみるとあまり締め付けが強くないので、ひもと靴との接地面が少ないからかな、ほどけやすくないかな、とか思っていました。
 最初、速く走ったのもあり、振動がもろに伝わって見事にほどけました。今後は、使い慣れた平タイプに戻して、しっかりと固定して走りたいと思います。


 今回もいい運動になりましたが、それなりに頑張って走るとなると睡眠時間5時間はやはりきついですね。今度は、8時間くらい寝てしっかりと準備したいと思います。
 

 そういえば、大会パンフレットですが、表紙が前回大会の親子マラソンスタート直前の写真でした。知っている顔が映っていてびっくり。今度、本人に見せたいと思います。

 マラソンといえば、先日、生徒が入賞したと報告に来ました。某大会ですが、スタート時の動画がYOUTUBEにアップされています。さすが、スタートの出足も速いです。

 
 話はとんで、走り終わって休んでいたら、私の体にとんぼが止まりまくっていました。胴体が膨らんだり縮んだり、とんぼも疲れて心臓がドキドキするのかなと至近距離で観察していました。気門の開閉の振動が直接肌に伝わってきていました。
 風に飛ばされそうになると足で踏ん張ったり羽を傾けてバランスとったり、こちらが、5cm位まで、顔を近づけるとこちらをみかえしたり、いろいろと昆虫観察が出来て面白かったです。

 逃げないんでよすね。なぜか……  飛んでいったと思ったらまた戻ってきて私にとまります。他のトンボがくると追い払うように追いかけてまた戻ってきます。縄張りなのかメスがオスを振っているのかどちらかわかりませんが。
 ひざとか靴のところとかトンボが数匹。動画とって生徒にみせて教材にしようかと思いました。

 
 脱線しすぎたので、マラソン大会に話を戻します。次の大会は、走るより抽選会を頑張りたいと思います(←え?)。率がいい大会なんですよね。


P.S.
先週の火曜日に続き、今日も塾の見学がありました。今回は学校の先生ではありませんし見学の目的も前回とは異なります。
私の所のことが参考になればいいですが……

なんか、今後、見学が増えそうな気がしています。


スマホ汚染

新宿で女子大生が大量に倒れる

死を生み出している産業

札幌麻生個別指導のホームページへ
ブログタイトルをクリックすると新しい記事から順に読めます
関連記事

テーマ: - ジャンル:学校・教育

新潟中央高校の韓国修学旅行
 ネットでたまたま見たんですが、この時期に新潟中央高校の生徒が韓国に修学旅行に行くそうですね。このことについて、かなりネットで書き込みがあるようです。竹島問題でゆれるこの時期ですからね。

 驚いたのが、生徒数人で韓国の家庭にお邪魔して食事をするということ。先生方は、当然すべての班についていけないので、生徒グループだけのお邪魔になるそうです。この高校は、男子生徒は5人しかおらず、ほとんどが女子生徒とのこと。女子グループだけで、先生もつかず、一般家庭訪問とかかなり恐い気がします。

 ネットで、新潟中央高校、修学旅行と検索すると随分といろいろな記事がヒットします。

 私も韓国人と話したことがありますが、反日感情すごかったです。日本人が犯罪に巻き込まれてもきちんと取り合ってくれるのか心配です。日本と韓国のサッカーのクラブチームの試合の時に「日本の大地震をお祝いします」という大きな文字をかかげていた人達がいたくらいですからね。


 ネットのうわさはともかく、普通にニュースなどをよく見ている人なら韓国の性犯罪の多さは知っていると思います。えげつないなと思う事件も多いです。外国人観光客に対する性犯罪のことも少し前に新聞に載っていましたが、外国人観光客を減らしたくない政府としては、あまりそのことには触れて欲しくないと思っているというようなニュアンスの記事でした。

 海外では、韓国旅行について、性犯罪の注意喚起が出ているのに日本では出ていないというのでアメリカのサイトに入ってみたら、確かに首都ソウルについてですが、特徴的な犯罪として性犯罪があげられていました。
 
 修学旅行で何かあったとしも、本人のために表ざたにしないことも多々あるでしょう。帰ってきてから、何もトラブルなく楽しかったよというようなことが、きっと、言われるのでしょうね……
 この時期に韓国を選び、女子生徒だけの一般家庭訪問を考える学校ってどうなのかなと思います。

 それにしても、なんで、今の日本ってテレビとかも韓国押しなのでしょうか。なぜか、札幌市で使っている英語の教科書の英語本文にも韓国の文化とか風習などが載っています。英語の授業なんだから、英語圏のことを書けばいいのにと思ってしまいます。
 テストで英語本文とは関係ない韓国に関する設問とかがあると、これ英語の試験なのにと思ってしまいます。地理でやるべきことだと思います。

 英語の教科書の影響で、韓国旅行にあこがれる女子が出てきて、性犯罪が多い国で気をつけなければならないということを知らずに旅行して被害にあったらかわいそうな気がします。
 ただ、負の面を教えるというのは、先生方もやりにくいでしょうね。その国のことを批判しているように受け取られかねないし、ましてや、性犯罪のこととかなると、生徒への説明の仕方が……
 


 修学旅行といえば、3年生が震災がれきを見てきたと2年生の子が言っていました。道内の修学旅行が多く、行っても青森、秋田が多い中、がれきのある方へ行くのちょっとと思います。確かに復興には、協力しているのかもしれませんが……

 あまり、触れている人がいないようですが、がれきの汚染は放射能だけなのかという問題があります。
 津波でいろいろなものが流されました。当然、工場なども多数あったでしょう。工場で使うような有害な薬品も相当流失していると思います。
 人が立ち入れる陸地でこういうものの濃度が高いところがあった場合、その有害性が心配です。放射線を測っただけで、その地区が安全とはならないと思います。

 来年、生徒にはがれきの方には行って欲しくないと思っています。
 

スマホ汚染

新宿で女子大生が大量に倒れる

死を生み出している産業

札幌麻生個別指導のホームページへ
ブログタイトルをクリックすると新しい記事から順に読めます
関連記事

テーマ: - ジャンル:学校・教育

完走者全員が鮭一本その他をもらえるマラソン大会
 昔から別海でマラソン大会をやっていることは知っていましたが、ものすごくいい感じの大会なんですね。いろいろな人がいいこと書いています。

 それにしても完走者全員に鮭一本とかすごすぎますね。鮭の他にもいろいろともらえるようです。
 ブログにいろいろ写真載せている人もいます。鮭の入った箱の量がすごいです。1000箱以上用意してるんでしょうね。
 別海パイロットマラソンで検索したら写真がいろいろと出てくると思うので、みたい人は検索してみてください。


 応援メッセージも募集した上で、牧草ロールに書いているんですね。面白いです。

 今年のメッセージです。

 ミルクガールがゴールでハグ?
 走れ。思う存分!
 楽走! 快走! パイロット国道!
 『とっても旨いよ 別海お乳(ちち)』
 「向かい風 負けるな 帰りは追い風だ」
 別海町!ナマラ感激!!
 この道の先には栄光と鮭がある        
 1位になったら嬉しいよ
 42キロ長い道のりがんばって!
 みんなで 鮭 もらうべぇ
 最後まで応援するよぉ~ べーべー(牛の顔)
 君の走り ワイルドだよ。
 完走したらホタテバーガー食べっかい☆
 ゴールに鮭がいるどぉ~!

 
 事務局サイトでエントリー作品全部見られます。
 
 http://betsukai.net/blog/marathon/index.php?date=2012-10-01&cID=0&keyword=&ym=


 runnetの大会レポートの評価もとてもいいですね。地理的に交通の便がかなり悪いのに大会会場へのアクセスの評価が高いのは、参加者ができるだけいい評価を全般的につけたいと思っているからなんでしょうか。参加してみたい大会です。
 

スマホ汚染

新宿で女子大生が大量に倒れる

死を生み出している産業

札幌麻生個別指導のホームページへ
ブログタイトルをクリックすると新しい記事から順に読めます
関連記事

テーマ: - ジャンル:学校・教育

2011年度体力テスト 中二女子持久走(1000M)平均は4:42
 先日の北海道新聞朝刊に昨年度の体力テストの結果が載っていました。

 中二女子1000M走は、ネットなどでいろいろ調べてもなかなか出てこなくて、やっと出たのが、4:50位でした。
 先日の新聞を読んで生徒たちをもっと速く走らせなければならないなとちょっとあせりました。まだ、1000M走をやっていない一年生については、そろそろ対策をうっておかないと駄目ですね。ちょうど走りやすい秋はいい練習季節ですね。

 雪解けまっていた場合、5,6月にタイム計測されたら間に合いません。二年生にしても、三年生でまた1000Mやる場合があるので、要注意です。長距離のタイムは最初は練習に比例するかのように伸びるので得点をあげやすいです。

 体育は細かく実技のテストが何回もあるので、やりようによっては、美術や音楽より評価がとりやすい科目だと思っています。部分部分の実技なら運動神経関係なくそこそこ上達させられると思っています。いまのところはうまくいっていると思います。

 女子で制限時間30秒でバスケのゴールが4回とかうまくいった方だと思います。私は一回しかシュート練習つきあえませんでしたが、数回ついていたら10回は越えていたと思います。練習をやっていなかったら0な感じでした。

 今度は、他の生徒のバレーの結果がでます。他校の生徒に聞いても、テスト内容は同じものが多いですね。試験内容は、一人レシーブで30秒で何回続けられるかです。サッカーのリフティングのバレー版といったところでしょうか。
 普通の回数ならここに書くかもしれませんが、ものすごくいい回数だと個人が特定されてしまうので書きません。多分、ものすごくいい回数だと思います。たった二回の練習だけで、ものすごく上達していましたから。結果が楽しみです。
 

P.S.
 この間の札幌マラソンの低学年の部で優勝していた子、そのまま、あいの里こどもマラソンに向かってそこでも優勝していたようです。マラソン大会かけもちの発想はなかったですね。そんな名案があったのかとびっくりです。それぞれのスタート時間をみて両方出られるとの読みだったんでしょうね。

 優勝だと表彰式とかの時間が移動のためには邪魔な時間になりますが、その辺も大丈夫との判断のエントリーだったんでしょうね。さすが、とんでんRCですね。各マラソン大会で優勝しまくっているだけのことはあります。 あいの里の大会は、各カテゴリ10位までに20人近くも入っています。この日、遠くのマラソン大会に遠征して入賞している子もいたみたいです。

 とんでんRCやいろいろなランニングクラブのブログなどを見て、いろいろと練習方法を調べています。生徒の体育の成績をあげるため、いい練習方法を早くみつけたいと思います。


スマホ汚染

新宿で女子大生が大量に倒れる

死を生み出している産業

札幌麻生個別指導のホームページへ
ブログタイトルをクリックすると新しい記事から順に読めます
関連記事

テーマ: - ジャンル:学校・教育

ある講師からの相談2
 ある講師からの相談があったので、また回答させていただきます。

>現在中学受験を考えている小学5年生の生徒を指導中。
>学校の教科書レベルは簡単すぎるくらいというレベル
>試験対策問題には一人では取り組めません。
>まずは学校の内容を先取りして、試験問題に必要な知識を身につけてから試験問題に取り組んでいこうかと考えております。

 
 私のところでは、中学受験対策などは特にしていません。ただ、要望があればできるだけ対応するとは保護者の方に言っています。

 以前、小五の子が内部進学対策として入塾されたことがありました。進学にはこだわらないということだったので引き受けたのですが、こちらとしては、それでも落としたくないということで、そのときにかなり中学受験のことについて調べて教材もいろいろとそろえました。

 そこで、思ったのが、北海道の中学受験はそんなに難しくないということ。実際、いろいろな試験対策問題集を買いましたが、その多くは首都圏難関校受験などを考慮してつくられています。道内でそこまで必要な私立はないと思っています。学校トップクラスのレベルが高い学校にしても全国偏差値からいって下位合格者のレベルはさほど高くないはずです。

 書店で売っている中学受験対策問題集が6割ぐらい解けるようになれば、指導者はまあまあと思うのかもしれませんが、普通の生徒がそこまで行くのは大変ですし、道内入試ではそこまで必要ないと思っています。むしろ、夜遅くまで塾通いして生活パターンが乱れることの方が害があると思っています。睡眠時間をつぶし脳にダメージ与えてまでやるメリットを私は見出せません。

 家庭教師としての指導でも、小学生を夜遅くまで勉強させる場合があると思います。脳神経の発達過程を考えたとき失うものの方が大きいと思います。最近、よく眠る子の方が脳の海馬の体積が1.1倍大きいとの発表があったばかりです。海馬は記憶に関係するところです。


 正直、中学受験ってどうなのかなと思っています。独学で勉強できない子が協力なサポートがあって受かったとしても授業についていけない可能性があります。
 独学でやっても受かる場合や学区の中学が荒れていたりしてとかいう場合でないと私は中学受験をすすめません。
 

 うちに来た小学生の場合、中学受験の問題に対応するため算数について学校の先取りはしてもらいましたが、それに関して私は一切教えていませんでした。
 家で自分で参考書よんで問題集やって終わらせなさいと指導しました。教科書の内容は簡単ですから、すぐに六年生までの内容を独学でマスターして問題集も普通にこなしてきました。
 多分、その子は、小学校の算数がおわるまで二月かかっていなかったと思います。当然、それに関しては、親も教えていません。あくまで一人でこなしていました。
 レベルの高い中学に入ってから中の上以上をキープするなら最低限の能力だと思います。五年の段階でそれができないなら入学後苦しむかもしれません。

 
 首都圏などをねらって、それなりの試験対策問題集に一人で取り組むのは、なかなか難しいでしょう。大人がつかないと厳しいと思います。
 中学受験は親子の二人三脚で専業主婦か共働きかで偏差値が5は違うと言われているそうです。小学生の子供が自主的に自分ひとりで試験対策問題集に取り組むのは難しいと思います。もちろん、やっている子はいますが。


 道内私立中学の過去問集が書店で売っているので、数校分見てみてはどうでしょうか(もう、見ているかもしれませんが)、どの教科がどこまでの難易度まで必要かの目安になると思います。それを見て試験対策問題集の中で省いてもいいなと思う問題を飛ばして生徒にやらせるのが効率的な方法だと思います。その方が生徒も問題集を負担に感じないでしょう。

 国立の附属中に関しては、なかなか問題集が手に入らないので難しいと思います。ただ、最近は、北嶺その他にぬける子が多いので、以前より合格しやすくなっているのではないかと思います。
 附属の場合、勉強が独学または塾がメインになってしまうということと、内部進学できる高校がないのが大きなマイナスになっているようです。
 内申はやはり取りやすいようですが、中高一貫にいって高校入試をしない場合は、内申がいいことのメリットはあまりないと思います。

 
 一般的な勉強時間で合格できる能力をもっていない場合、受験は再考するように私ならすすめます。学区の中学に問題がある場合は、かなり協力したいとは思いますが。
  
 あと、算数については、先取りしても学校では習わない細かい知識などか多々あるので、教える方も大変だと思います。その知識を教える時に先取りしていないと説明が難しいものとかありますからね。

 中学受験の具体的な勉強方法の回答にはなっていないかもしれませんが、以上が大まかな回答です。


P.S.
 今日、学校の先生が塾に見学にこられました。入塾希望の生徒の保護者の方ではありません。
 いろいろと見てみたいということでしたが、参考になられたものがあったのかどうか……

 見学にこられた先生に、先生は講演とかはしないんですかと聞かれました。確かに個人塾で講演会とかやっている先生はいますが、私は、子供の頃から人見知りですからね。

 是非といって、講演会に出かけていくタイプの人もいるんでしょうが、そこで、もし、塾のことが気に入られても、こじんまりと少人数でやっている塾なので、急にたくさんこられてもきついので、それはそれでいいかなと思っています。

 もちろん、私のところの場合、急に三人でもたくさんです。うちのところでは、1,2,たくさんと数を数えます。どこかの国の人のように……


スマホ汚染

新宿で女子大生が大量に倒れる

死を生み出している産業

札幌麻生個別指導のホームページへ
ブログタイトルをクリックすると新しい記事から順に読めます
関連記事

テーマ: - ジャンル:学校・教育

札幌マラソンに行ってきました
 日曜日に札幌マラソンに行ってきました。札幌であれだけ大きなマラソン大会が行われていたとは…… 

 存在は知っていても日程の関係で今まで申し込むことができなかったのですが、今回は申し込むことができ初参加してきました。

 予想通りの大人数でなかなか前に行くことが出来ませんでした。前に北海道ロードレースで河川敷を走ったときもそんな感じだったので、それより人数の多いこの大会では、なおさら前に行くことは難しいと思っていました。

 申し込みもギリギリだったので、ゼッケンも後ろの方で後方スタートです。寝不足で体調も悪かったのでゆっくりとジョギングすることにしました。マラソン帰ってきてから生徒とバレーボールをすることになっていて、時間があれば、生徒にインターバル走をやってもらって自分も走ろうと思っていたので、その体力は、残しておこうと考えました。結局、私は、インターバル走はやりませんでしたが……

 ゆっくり走りすぎたため、先週の標高差のある大会よりかなり楽なコースだったにもかかわらずタイムは前回よりものすごく遅くなりました。危ないので無理に抜きにいきませんでしたしね。まあ、目標の体重減は達成できたので、それでよしです。順調に体重を減らせています。

 そういえば、札幌国際情報高校の生徒が数百人規模で参加していました(全校生徒の半分以上は出ているでしょう。半強制参加なのかな…… ほぼ毎年参加しているみたいです)。
 元気なのはいいですが、10キロは、みんなまとめて後方スタート。若くてエネルギーがありあまっているからなのでしょうか、前にランナーがつまっているので一部の生徒たちは、歩道に乗り上げたりして前方へ進んでいきます。市民ランナーを交わすようにしてどんどん抜いていく生徒もいます。

 大会パンフには、歩道に乗り上げて抜いていくようなことはしないで下さいとしっかり書いてあるので、ほとんどの大人たちはそういうことはしません。生徒たちには、伝わっていなかったんでしょうかね。歩道はまあいいとして(よくないか)、スタート直後、集団がまだあまりバラバラになっていない段階で抜いていくのは、危なかったです。
 後ろの方から「邪魔だ」みたいな声も聞こえました。あの強引な抜き方からいって生徒が関わっている気がしてなりません。

 その後、前方で歩いている生徒も数人見かけましたが、結局、バテて歩くなら最初から無理して抜かなきゃ良いのにと思いました。北海道マラソンなどでボランティアをやっている生徒も多い学校で好感がもてていただけにちょっと残念です。

 生徒の記録を見ると一時間を切る生徒が200人位いました。つまり、この生徒たちは、一人当たり約1600人を抜いた計算になります(札幌マラソンの記録集から算出)。単純に32万の追い越しが発生しています。一時間を切らなかった残りの生徒もそれなりの人数を抜いているでしょう。
 
 生徒の走力をある程度事前に測って走力順に並べた方が安全が確保できると思います。学校単位の参加なので遠慮してみんなで後方スタートなのでしょうが、後ろから無理にぐいぐい抜かれた方が接触や転倒などの危険が増します。
 今の時代ですから生徒のせいで転んでケガしたとか言われて、学校の指導が悪いと言って訴えられることもあるかもしれません。

 かわいそうだなと思ったのが速い子達。あれだけの後方スタートにもかかわらず43分代で走っている子達が十数名いました。前方スタートなら高校生部門で表彰台を狙えた子もいたでしょう。国際情報所属だから表彰台が狙えないというのは、なんかかわいそうな気がします。

 中学生部門では、向陵中陸上部が大量参加していました。勉強熱心なところは部活動も熱心なものですね。
 
 
 札幌マラソンは、いろいろな種目があって見ていて楽しかったです。会場の外に大型スクリーンを用意して競技場内のゴールシーンや表彰式の中継もしていました。お楽しみ抽選会の当選者数も多かったです。また、参加してみたいと思っています。今度は早めの申し込みで(なんか走力順にゼッケンが配られるそうですが、タイムがわからない場合は、独自方式と書いていました。もしかして、今回遅く走ったから速く申し込んでもまた後方スタートかもしれません…… しくじったかも……)


スマホ汚染

新宿で女子大生が大量に倒れる

死を生み出している産業

札幌麻生個別指導のホームページへ
ブログタイトルをクリックすると新しい記事から順に読めます
関連記事

テーマ: - ジャンル:学校・教育

勉強するようにマラソンの練習をしたらどこまで速くなれるのか④
 おとといの日曜日、余市味覚マラソンに行ってきました。旭川と函館で大きなマラソン大会が開かれていたので、参加者はどのくらいなのかなとおもっていたら、なんと1500人以上いました。

 参加賞がフルーツというユニークな大会です。ぶどうとか梨とかもらいました。余市のぶどうは数年に一度の当たり年でうまいといいますから、いいものもらったなと思いました。フルーツのパックが大量におかれた机のところには試食コーナーと書かれていました。

 余市まで、電車の乗り継ぎがあるため、朝6:00の出発です。先週と違い5時間位は寝られたので、頭もスッキリの状態でした。

 8時半に余市に到着したら地元の中学生がフルーツを渡す係をやっていました。前回の美唄も地元高校生が受付をやっていました。なんか、町ぐるみでイベントをやっているという感じがしていいですよね。
 コース図をみたら右折箇所や左折箇所の目印として〇〇宅とかが入っています。目印が個人住宅のコース図とか、ローカル大会の雰囲気があっていいなあと思いました。

 会場につくとやたら同じユニフォームを着た人達が目立ちました。旭川や函館の大会もあるのになんでチームが団体でこんなに多くと思ったら、団体賞があったんですね。しかも、記録と関係なしに参加人数の多さで決まるというもの。りんごの木から収穫とかぶどう狩りの権利とか。30人以上で来ているところが4団体もありました。その他にも団体が。
 ブログに収穫したりんごの写真載せている人がいました。いくつかの箱にたくさん入っているのを見ましたが、木が二本でこんなにとれるとは初めて知りました。

 まあ、当然、だから早い人達が多いわけで、みなさん本当に速かったです。さすが、ランニングクラブや走友会の人達。
 私は、前回よりちょっと上げたペース走でほどほどに行くことにきめました。

 スタートからちょっとしてこの地が山々に囲まれていることに気づき始め、嫌な予感がしてきました。しばらくして、先頭の方の人達が目に入りました。

 「うあっ、山登ってる。坂道か~~~」

 早々にイーブンのペース走をあきらめました。どの程度の坂か見当がつきませんし、どこまで続くのかもわかりません。坂はペースを落とし平坦なコースをまあまあのペースで走ることにしました。
 坂なのに前の方を見ても、みんなそんなにペースが落ちてきません。さすが、マラソンクラブの人達。
 あとで全体の記録をみましたが、みんな速いな~と思いました。あの坂でこんなタイムなんだなあと我が身との差を実感しました。

 マラソンで今期、初めて足にきました。坂が効いたようです。帰りの電車の中で筋肉が痛かったです。翌日、筋肉痛にまでなることはなかったのが幸いです。

 坂について具体的に言うと、2.4キロ地点あたりから一気に上りになります。ここから約300メートルの距離で一気に約30メートルを上ることになります。
 次に10メートル位ちょっと下って、そこからまた折り返しまで上りです。高低差20メートルの上りです。
 ハーフの人は、スタートから高低差約130メートルのコースを上ったり下ったりです。私なら軽く、2,3回死ねるコースです。こんなコースでもハーフで1:30を切る人が30人近くもいるわけですから驚きです。

 最近、体重が落ちてきているので普通にタイムが上がってました。微増微減をくりかえしながら、今日の体重は、75.00ジャストです。4月に83キロをこえていたことを考えるとまずまずの体重でしょう。8月にマラソン出始めてから一月ちょっとで、5キロの減です。今後、札幌マラソンを筆頭にまだまだ続くので、どこまで体重を落とせて、なおかつ、当初の目標である速くなれるかに挑戦です。
 今の体重で思い切り本気で走ったらゴールがあの世になりそうなので、まずは、体重減ですね。

 あと、趣味としても長く続けられるようにどうやったら故障をしないように走れるのかもいろいろと探っています。無理したり負荷のかかる走り方して、走ることができなくなったら悲しいですからね。
 痛みを抱えてまで走るとかサロンパスのお世話になるとかまでして走るとかになると、もう趣味だか半分競技だかわからなくなりますからね。私の場合は、今の所は、あくまで趣味プラス運動不足解消なので。
 
 大会後、余市でやっている「味覚の祭典よいち大好きフェスティバル」に行こうと思って、朝、駅に着いたときに、駅に貼ってあったポスターを見たのですが、いまいち場所がわかりません。地図があってもそこには駅が載っていないので、駅からどういっていいのかもわかりませんでした。地図おおざっぱすぎ。

 それに送迎バスが駅から出ているというけど、発着の時間と所要時間も書いていないから、電車の時間と調整できません。電車は、余市から小樽まで本数が少ないですから一本逃すと次までの待ち時間が長くなります。塾の授業もあったので遅れるわけにはいきません。しょうがなくフェスティバルを見てくるのはあきらめました。

 でかいフェスティバルなら駅前からマラソン会場に行くまでに目に入るだろうと思っていたのですが、会場は駅から反対方向だったんですね。しかも、駅から2キロくらい。マラソン参加者ならたいしたことない距離です。ランネットのレポート見てもフェスティバルのことには触れていますね。行きたくても場所わからなくて行けなかった人も多いんでしょうね。地方だけにタクシーそんなに捕まらないし。

 フェスティバル自体、マラソン大会の参加者を取り込むことはあまり考えてないんでしょうか。受付の時に渡す冊子になどにちょっとチラシ入れるだけですむのに。駅にポスター貼ってあるからいいとう考えかもしれませんね。来年は送迎バスの発着時間を書いて欲しいなと思います。電車との時間を調整する人にはやっぱり必要ですよね。私は、もう場所がわかったので、いいですが。2,3キロなら走ってすぐにいけますしね。


 話を戻して、
 
 今回は、すぐに帰ってきたので、食べ過ぎて、大会後の方が太っているということもありませんでした。あと一月位でどこまで体重が落ちるか楽しみです。
 

スマホ汚染

新宿で女子大生が大量に倒れる

死を生み出している産業

札幌麻生個別指導のホームページへ
ブログタイトルをクリックすると新しい記事から順に読めます
関連記事

テーマ: - ジャンル:学校・教育

恐竜探検
 札幌駅前の紀伊国屋で「恐竜探検」という本を見つけました。開くと恐竜が立体になって飛び出てくるしかけです。「うわっ、面白っ」って思いました。

 これ、科学しかけえほんシリーズというやつなんですね。アマゾンでみると大型本って書いてます。小さな子供には、大きな方が迫力があっていいでしょうね。

 他にも海洋探検とか太陽系探検とかいろいろ見本がおいてありました。

 参考に開いた時の状態と開く時の動画が見られるサイトを紹介しておきます。

 http://www.ehonnavi.net/ehon/81258/%E6%81%90%E7%AB%9C%E6%8E%A2%E6%A4%9C/


スマホ汚染

新宿で女子大生が大量に倒れる

死を生み出している産業

札幌麻生個別指導のホームページへ
ブログタイトルをクリックすると新しい記事から順に読めます
関連記事

テーマ: - ジャンル:学校・教育



にほんブログ村 教育ブログへ
リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



カテゴリー



FC2カウンター



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
125位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
9位
アクセスランキングを見る>>



プロフィール

sapporoedu

Author:sapporoedu



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログランキング

FC2ブログランキング



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる