札幌で個別指導塾開業を目指す三十代男性の日記
 現在、札幌在住の30代の私(40代突入しました)が、個別指導塾開業を目指す過程をブログにしてみようと思いました(開業しました)。教育関係のことなどもいろいろと書き込みたいと思います。 リンクフリー
識字障害と脳
 ここ一ヶ月くらい識字障害と脳の関係をいろいろと調べていました。奥が深いです……

 脳のしくみも重要ですが、教えるとなると具体的にはどう実践するかです。これも個々人で違うので難しいところです。

 実践例などいろいろと知りたい人は雑誌が出ているので、それを参考にするのもいいかもしれません。教室ツーウェイの別冊で「特別支援教育教え方教室」というものです。現在32号まで出ています。

 学習障害と脳の関連を勉強して思うところはいろいろあってもいざそれを授業にいかすとなるといろいろと難しいものですね。
 どの部分がどのくらい苦手かも個々人によると思うので、教え方のさじ加減もケースバイケースでしょう。その子の能力を見極めるための試行錯誤も必要でしょうし、その子の能力に関するいろいろなことを発見して授業に役立てる能力も教える側には求められるんでしょうね。


 学習障害に関する勉強は、ものすごく奥が深いです。日々勉強ですね。



 そういえぱ、アクセス解析のリンク先にブックマークが追加されました。いままで、ブラウザに登録してこのサイトを見ている人の割合を知りたかったのでちょうどよかったです。

 意外と登録して見に来ている人が多くてビックリしました。訪問者の約3割です。グーグルクローラーも含めてカウトンしてしまうみたいなので、実際は少し落ちるのでしょうが、少なくとも絶対数で30人位は、このブログを登録して見に来ているみたいです。

 ブログを始めた頃は一日に数人の訪問者でしたが、続けていると見に来てくれる人も増えるもんですね。ブックマーク登録者が100人を超えるように頑張りたいと思います。そうすれば、生徒獲得に今ほどは苦労しないでしょう。


スマホ汚染

新宿で女子大生が大量に倒れる

死を生み出している産業

札幌麻生個別指導のホームページへ
ブログタイトルをクリックすると新しい記事から順に読めます

テーマ: - ジャンル:学校・教育

死を生み出している産業
ここをクリックすると動画が見られます








































 ADHDなどの勉強をしているよく考えさせられることがあります。

 それは、病気と言っていいものなのかと……

スマホ汚染

新宿で女子大生が大量に倒れる

死を生み出している産業

札幌麻生個別指導のホームページへ
ブログタイトルをクリックすると新しい記事から順に読めます

テーマ: - ジャンル:学校・教育

子供の異常の大規模調査
 近年子供の心身の異常や先天奇形児(25年前の2倍)増えていることから大規模な調査が行われるという記事を読みました。10万人規模の妊産婦を対象に血液内の化学物質を調査するだけでなく、生まれた子供も12歳まで追跡調査するそうです(半年おきに身体発達や精神神経発達調査など)。

 障害児が最近増えているのは認定の方法が変わったからだけという論もありますが、先天奇形が増えていることからも、やはり障害児自体が増えているのではないでしょうか。先天奇形のような目に見えない障害だけが増えて、目に見えない学習障害のようなものが増えないというのも考えにくいですからね。

 女性の喫煙と飲酒率の上昇も無縁ではないでしょう。

 女性の飲酒率 
  1968年 25%(20代)

  2009年 90.4%(20代前半)

  妊娠中に一回でもお酒を飲んだ人 半数以上
   (どのくらい少なければ安全か、はっきりとはわかっていないそうです)
  妊娠中飲んでいる人 20%以上

  妊娠中の飲酒の理由
   少量なら大丈夫だと思った 36%
   ほっと一息        34%
   おいしいから 25%
交流のため 20%
ストレス解消 16%

  妊娠中のお酒に関しては次のようなデータがあります。

  一日アルコール摂取量 胎児への影響
   90ml 以上  奇形の発生が明らかに高くなる
  120ml 以上  胎児アルコール症候群発生率30~50%

  習慣的に飲酒してアルコール依存症状態になり妊婦になっても酒をやめられない人もいるそうです。

 女性の喫煙率
  1965年 6.6%
         ↓
  ここ数年  約20%

  別名、毒の缶詰と言われるくらいのタバコですから影響は大きいでしょうね

  日本産婦人科医会・先天異常委員会委員の人のサイトにこんな一文がありました。

  「妊娠中の喫煙(10本以上)により生後の発達スコアの低下を認めたとの報告もあり、妊娠中の喫煙が生後の児に神経発達障害を引き起こす可能性が示唆されている」

  酒タバコとも女性の消費者を増やすために広告のターゲットにされてきた経緯があるだけに上昇率もすごいですね。自ら進んで手を出しているように見えても実は広告による刷り込み効果が大きいとどれだけの人が気づいているんでしょうか。

  韓国では1988年に外国のたばこ会社が入ってきてから女性を中心に集中的なマーケティングを行い、10年後には1.6%だった20~30代女性の喫煙率が13%に跳ね上がっています。
 
  たばこ会社の資料には女性は嫌煙運動にも男性ほど積極的ではなく保健指導効果も薄いのでそこを狙えと書かれていました。
 貧困層の女性はヘビースモーカーの傾向があり子供ができるとその子もヘビースモーカーになる傾向があるので、貧困層の女性もターゲットにとありました。

 まず、喫煙率を下げるには日本たばこ産業への財務省からの天下りを禁止することと、「医学部、研究所、研究者は、たばこ産業からの助成金を受けてはならないこと」という世界医師連盟の勧告にみんながしたがうのが一番有効でしょうね。
 お金もらって捏造された研究結果なんか報告する人がもしいたら最低だと思いますが、でも、いるからこういう勧告がでているんでしょうね。

 他人に毒を売り、自分たちがもうけるというビジネスモデルは早くなくなって欲しいですね。ちなみにタバコ会社の幹部は非喫煙者が多いらしいです。研究所をもって研究して害のデータもいろいろ持っているだけに自分たちは吸いたくないんでしょうね。


 話を戻して、障害児がこのまま増え続ければ特別支援教育教室の拡充などなどコストが1兆円以上はかかると言われています。
 それだけの財源があればいいですが、なければ、ますます子供の教育の格差が広がっていくような気がします。ノーマライゼーションは現実問題としてコストがかかります。
 
 今回の大規模な研究でいろいろなことがわかればいいと思っています。
  

スマホ汚染

新宿で女子大生が大量に倒れる

死を生み出している産業

札幌麻生個別指導のホームページへ
ブログタイトルをクリックすると新しい記事から順に読めます

テーマ: - ジャンル:学校・教育

学習障害児だから勉強が出来ないのかどうか
 学習障害児のキーワードでこのブログに入ってくる人が多いので参考のため書いておきたいと思いますが、親が子供の学習障害を疑っていても実はそうでない場合も結構あるようです。
 最近、いろいろな専門書を読んだり、他塾の先生のブログを読んだりしていてそういうことが少なくないということがわかってきました。学習障害かどうかは専門家に見てもらって判断してもらうのが一番確実です。

 では、どういう子が学習障害ではないのに成績が悪いかというと、圧倒的に勉強時間の不足している子です。
 
 学校での問題練習も少なすぎます。宿題のない学校もあります。これは、ゆとり教育の時、学力低下の原因としていろいろな人が言っていたことです。
 学校の授業だけ聞いていればついていける子や塾や親などから習ってカバーできる子、自分で自主的に家庭学習ができて授業からおいていかれないようにできる子はいいですが、そうでない子はどんどんおいていかれます。特に算数などは積み重ねで独学も難しいのでひどいことになってしまいます。

 相当おいていかれてから追いつくとなると大変でしょう。集団塾に通ってもついていけないでしょうから、個別指導や家庭教師になるでしょうが、個別も自習主体の所では無理でしょう。
 札幌のように塾や家庭教師をたくさんの中から選べる地域ならいいでしょうがそうでない地域では成績を上げてくれる人を見つけるのが大変でしょう。こういったことも学力の地域間格差につながっているのかもしれません。

 都市部でも経済格差による学力格差の問題はありますが……

 某個別の夏期講習の30~50万(80コマ~150コマ)には驚きました。私の所なら200~300時間分です。300時間なら週ニで3年分です。こういう費用を負担できるかどうかも残念ながら経済格差による学力格差の要因なんでしょうね……



スマホ汚染

新宿で女子大生が大量に倒れる

死を生み出している産業

札幌麻生個別指導のホームページへ
ブログタイトルをクリックすると新しい記事から順に読めます

テーマ: - ジャンル:学校・教育

「オール1の落ちこぼれ、教師になる」を読みました
 少し前にネットで存在を知った「オール1の落ちこぼれ、教師になる」を読みました。塾の本棚にも置いておき生徒も気軽に読めるようにしたかったので漫画版の方を買ってきました。全2巻です。

 オール1の人がどうやって名古屋大学に受かり、その後、高校教師になったのかとても興味がありました。
 本の題名を見て最初は受験テクニック本かと思いましたが全然違っていしまた。著者の宮本延春さんのいろいろな苦労話が漫画では語られています。小学校時代にどうせお前なんて勉強できないんだからと父親にランドセル燃やされたり(父親は本当の父親ではないと、小学生の時に突然告白されたり)、学校でいじめにあったり、勉強できないため先生からも冷たくあつかわれたり、20歳になる前に両親とも他界し天涯孤独の身になったりと……
 

 本の宣伝文はこんな感じです

 「中学卒業の学力は漢字は名前しか書けず、数学は九九が2の段まで。英語の単語はBOOKしか知らない落ちこぼれが編み出した〔オール1の勉強法〕とは? 」

 漫画版でない方は小学生でも読めるようにとカナがふってあるそうです。
 
 子供達に読ませたい本のひとつですね。


 著者の宮本延春さんの人生を変えたというアインシュタインの番組、実は私も見てました。

 あの番組には私も衝撃を受けました。根っからの理系の人達には当たり前のことかもしれませんが空間によって時間の流れが変わる。しかも、それがまだ想像上の世界でそうかもしれないという話しではなく、当たり前のこととして扱われているというのは私にとってもとても新鮮なものでした。ただ、そのことをいろいろと詳しく知るためには数学の知識が必要になる。ここでその先を知るのをあきらめてしまう人の方が多いんでしょうが、宮本さんは違ったんでしょうね。23歳で小学三年生のドリルから勉強しなおすわけですから(アインシュタインのことなどを勉強していくと時間の流れの話しだけにとどまらずそこからもっと大きな宇宙の話しに広がっていくので非常に興味をそそられる人は多いと思います)。
 

 宮本さんに限らずいろいろな人の自伝を読むと、いつも人間の持つ可能性のすごさというものに驚かされます。

スマホ汚染

新宿で女子大生が大量に倒れる

死を生み出している産業

札幌麻生個別指導のホームページへ
ブログタイトルをクリックすると新しい記事から順に読めます

テーマ: - ジャンル:学校・教育



にほんブログ村 教育ブログへ
リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



カテゴリー



FC2カウンター



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
97位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
10位
アクセスランキングを見る>>



プロフィール

sapporoedu

Author:sapporoedu



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログランキング

FC2ブログランキング



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる