札幌で個別指導塾開業を目指す三十代男性の日記
 現在、札幌在住の30代の私(40代突入しました)が、個別指導塾開業を目指す過程をブログにしてみようと思いました(開業しました)。教育関係のことなどもいろいろと書き込みたいと思います。 リンクフリー
就寝時刻と偏差値
 子役の徹夜撮影で撮影側が謝罪というニュースを今日見ましたが(6歳児を昼12時から翌朝5時まで拘束。前日も深夜2時まで14時間拘束)、睡眠は脳細胞の成長に非常に重要な役割を果たします。もう少し子供の将来のことも考えて欲しいですね。
 
 科学的にもそのメカニズムが解明されてきていることから、もしかしたら、将来、子供を夜遅くまで起こしていることが虐待のように考えられるようになるかもしれません。


 全員ではないですが、うちの生徒の就寝時刻と道コン偏差値のグラフを載せておきます。同一の子でも毎年同じ就寝時刻ではないので、多少、修正を加えています。横軸が就寝時刻で縦軸が道コン偏差値です。

 寝る時間を少し早めるだけで、かなり偏差値が上がりますね。きっと。
 まあ、睡眠時間が少ないと海馬の体積が減少することからも、超あたりまえのことなんですけどね。夜21時あたりに寝ている子の今時の人口比率を考えると、いかに早寝の効果がすごいかわかると思います。
 世間一般より、はるかに21時あたりに寝ている子が多いのは、私が生徒達にそういう指導をしているからです。

 小学生から中学始めにかけて、やはり、9時間くらいの睡眠時間は確保したいところですね。国公立大学を狙うのであれば、最低でも、道コン偏差値65は欲しいです。


 こういうのが、うちの塾が夜9時以降の授業をしない理由です。夜23時くらいまでの居残りとか、もってのほかです。
 営業的にはマイナスかもしれませんが、ここは譲れませんね。脳の成長をつぶすと子供たちの将来を奪うことになりかねませんから。

 就寝時刻と偏差値


 前回の答え

 正解は、3の突然。ちなみに5の英訳は、sudden death。


 第407問

 avocateの意味は? (第二外国語 フランス語)  
 
 1 アボガド
 2 なす
 3 ボーナス
 4 女性弁護士
 5 回避

 フランス語の勉強をしている人や、ブログ名がフランス語の訪問者も多いので、フランス語からの出題です。


スマホ汚染

新宿で女子大生が大量に倒れる

死を生み出している産業

札幌麻生個別指導のホームページへ
ブログタイトルをクリックすると新しい記事から順に読めます
規則正しい就寝時刻と成績
 全国学力テストの分析で、いつも同じ時刻に寝ているかそうでないかで、成績に差はあるのかというのがありました。

 結果は、ありです。算数Aで、20点近くの開きがあります。

 昔は、植物にしか体内時計がないと思われていましたが、現在では、動物でも体内時計関連物質がたくさん見つかっています。
 夜間にちょっと懐中電灯の光をあてただけで、成長が阻害される植物もいます。毎日、同じリズムで生活を刻むということは、動物にとっても、きっととても重要なことなんでしょうね。

 毎日、同じ時刻に寝る子と、どちらかと言えば毎日同じ時刻に寝るという子の間にも成績の差があるというのは、興味深いですね。
 今回の小6道コンで言えば、偏差値で約5.5違います。上位で5.5の差は大きいです。上位10%近辺の子が、上位3位に入ります(約2000人受験)。 

                    算数A  国語A
 同じ時刻             約80点 約65点
 どちらかといえば同じ時刻  約70点 約55点
 あまり同じ時刻でない     約65点 約50点
 まったく同じ時刻ではない   約60点 約40点

 普段は、この時刻に寝ているけど、何曜日は習い事だから、ちょっと遅いというだけでも差が出るということなんでしょうね。まあ、考えてみれば、当たり前の気もします。脳神経の発達に差が出るわけですから。
 成績上位層だけど、さらに上にはなかなか行けないという子たちは、このへんに問題がある子が多いような気がします。

  昔、うちにいた小学生の頃から9時前に寝るように言っていた子、入試で290点くらい取ったと言ってました。うちに来た時は、道コンに名前が載らない子でした。
 中学は、うちには来ていませんでしたが、中3の時も、9時前に寝ていたそうです。 

 今回の中1道コンにしても、小6時、9時前に寝ていたうちの塾と関係のある子達が、上位10%くらいの中にいます。小6で9時前に寝る子が、現在1%を切っていることを考えれば、すごい確率だと思います。
 世の中、夜更かしになってきていますが、9時前に寝る子が、微増してきているのも面白いです。教育熱心な一部の親は、いろいろと気づいているんでしょうね。

 道コン偏差値70くらいの高校でも、国公立大学合格率が半分くらいですから、中1、中2の道コンでは、せめて65くらいいかないと国公立合格は難しいでしょうね。中1、中2は裁量問題ないですから、偏差値の分布の幅がせまいです。
 

 前回の答え

 正解は1の砂漠


 第116問

 受精卵が子宮内膜の中にもぐりこむことを何という? (中学保健体育)

 1 到着
 2 着陸
 3 着床
 4 ゴール
 5 ストップ
 

スマホ汚染

新宿で女子大生が大量に倒れる

死を生み出している産業

札幌麻生個別指導のホームページへ
ブログタイトルをクリックすると新しい記事から順に読めます
受験勉強は何で勝負しているのか
 小学生の頃、同じ授業を受けて、同じ教科書で勉強しているのに、なぜ、みんなの点数がこんなにバラバラになるのだろうかと考えたことがあります。

 その時、私が出した答えは、脳の発達の差。

 勉強できない子にしても、2学年前位のものは簡単に理解できたりします。教科書が難しく感じると言っても人間に理解出来ない言葉で書かれているわけではありません(今の教科書は、とても親切でわかりやすいですが)。その時、理解できなくても、時がたてば、脳が発達すれば、理解できるようになっていきます。

 だったら、勉強できるようになるためには、脳の発達が最優先だろうと考えました。詰め込んで覚えていったところで、学年が上がっていけば、行き詰まりが来るのは目に見えています。
 
 
 私の場合、自分の考えなんかより、昔の人達のいろいろな知恵の集大成の方が絶対上だろうと思っていたので、ことわざどおり、寝る子は育つということで、睡眠を重視しました。育つんだから、脳だって育つはずだって考えたわけです。高校時代も、だいたい九時頃には、寝ていました。
 当然、読解の前提になる知識量や三段論法など考え方のパターンのストックも重視しましたが。

 もちろん、ことわざだからといって、なんでも鵜呑みにはできませんが、昔の人達のことを素直に聞いておいた方がいいかなと当時は思ったわけです。

 睡眠と学力の関係が、最近は注目されています。経験則ってすごいですね。


 受験勉強って、突き詰めて言えば、脳みそでの勝負ですよね。ところが、脳みその発達削って深夜まで勉強している子が多い現実……

 脳科学が進んで、ニューロンネットワークなどの能力が客観的に数値化できるようになったら、どの年代でどういうことをすれば、能力がどれだけ下がるかのリスク分析が出来るようになるかもしれませんね。中学受験で、小学生が深夜11時まで勉強とかは完全にアウトな気がしますが……

 労働では、午後11時は深夜扱いなのに、今では、その時間まで起きている小学生が多数いますよね。文化資本は子供に引き継がれると言います。成績のいい子の親は、子供を早く寝かせている人が多いんでしょうね。


 P.S. 
 抹茶味の雪見だいふくが期間限定で発売されています。生徒に抹茶好きが多いので書いておきます。


 前回の答え

 正解は3の第5文型 


 第45問

 14歳~15歳で飲酒を始めた場合、将来アルコール依存症になる人の割合は?

 1 約5%
 2 約10%
 3 約15%
 4 約20%
 5 約30%


スマホ汚染

新宿で女子大生が大量に倒れる

死を生み出している産業

札幌麻生個別指導のホームページへ
ブログタイトルをクリックすると新しい記事から順に読めます
夜更かしと脳機能
 イギリスの医学誌で、シフト勤務と脳機能低下に関する研究の結果が発表されたそうです。低下した脳機能の回復には、少なくとも5年かかるとか。

 シフト勤務と慢性的な認知機能障害に関連性が認められるそうです。

 体内時計の乱れと病気の関係は、わかっていることなので、脳への影響も当然でしょうね。

 毎日夜更かしで、土日に昼過ぎまで寝ているとかいう中高生は、要注意ですね。

 私も同一時間帯連続の深夜勤務やシフト勤務の経験がありますが、辞めてから、それぞれ2,3年くらいは、体力、能力の低下を実感していました。今の年齢で、シフト勤務やったら、回復まで相当かかりそうな気がします。


 P.S.
 星座カード買ってきました。星の図柄が、見る角度を変えると、その星座が現われるという面白いやつです。しし座の星たちが、ししになったり、星に戻ったり。星の形だけだと星座がわからない子にはちょうどいいと思います。


 前回の答え

 正解は5の288πcm3。球の公式に値を入れるだけです。


 第36問

 新生代の主な化石は次のうちどれ?

 1 ナウマンゾウ
 2 メチャセコイナ
 3 ピカチュウ
 4 ティラノサウルス
 5 アンモナイト


スマホ汚染

新宿で女子大生が大量に倒れる

死を生み出している産業

札幌麻生個別指導のホームページへ
ブログタイトルをクリックすると新しい記事から順に読めます
夜更かしとガンやその他の病気
 中学受験などで夜更かしをする小学生も最近多いと思いますが、夜更かしと将来のガンや不妊などの関係が少し気になっています。別に小学生に限らず、中高生もですが。

 大人では、統計的にガンリスクの増加はわかっていますが、子供だとすぐにがんになるわけでもないので評価がむずかしいですよね。

 酸化ストレスは、すぐに思い浮かぶと思いますが、体内で作られる物質に対する影響も大きいと思います。

 最近、一日の時間に合わせて細胞内の濃度が変わる物質が約3000種にも及ぶことがわかってきています。無理して夜更かしすると、これらの日内変動に影響を与えることは明らかでしょう。
 老人になると早寝早起きになるのは、もしかしたら、それが一番体に負荷がかからないからではないかと、このごろ思っています。

 酸化ストレスなどは、体全体、つまり脳細胞にも影響を与えますから、学力にも悪影響を与えるでしょう。地頭のいい子を親が夜更かしさせて勉強させた場合、その能力の伸びを削ることになりかねないと思います。

 中学受験で深夜まで勉強させたグループとそうでないグループの細胞を採取して統計をとってみたいとところですね。
 単位体積あたりの細胞の可能分化回数や増殖停止細胞の数など、寿命や将来のガンなどの病気にかかわるものに有意な差があるのかどうか。不妊リスクについては、卵細胞の染色体異常や遺伝子以上の割合の差などなど。


 そういえば、私が小学生の頃、学年で一番頭のいい奴はあいつだろうとみんなから言われている生徒がいました。宿泊研修に行ってびっくり。なんと7時にふとん敷いて寝はじめました。さすがにやりすぎのような気もしますが、それも、自分達がさらに遅れて寝ているからそう思うだけのこと。

 実際、太陽の光とともに寝起きしている人達の学力の統計も欲しいなと思います。現代社会では、太陽の光に合わせて寝起きするのは難しいかもしれませんが、実践できる人達もいるでしょう。
 ちなみに、頭のいいと言われていたその子は、その後、とある高校にトップ合格しました。

 
 科学が進み、将来、子供時代の生活習慣が病気と密接に関係しているということが証明されたとしても、40,50代になってからでは手遅れです。
 リスクのあることを子供にさせるべきではないような気がします。


 前回の答え

 正解は3の形容詞的用法。名詞thingsを修飾しているので、形容詞的用法。


 第28問

 鉄鋼材料は、何の含有量を変えることによって、堅さなどの性質を変えている? (技術)

 1 窒素
 2 水素
 3 やる気
 4 根性
 5 炭素 


スマホ汚染

新宿で女子大生が大量に倒れる

死を生み出している産業

札幌麻生個別指導のホームページへ
ブログタイトルをクリックすると新しい記事から順に読めます
子供の睡眠不足と将来の不妊の関係
 睡眠のことを調べていて、ふと思いました。

 女の子の睡眠不足は、将来の不妊の確率を上げるのではないのかと。

 年齢と共に卵子が老化して妊娠しにくくなることは知られていますが、睡眠不足になると抗老化物質の分泌も減り、その老化がはやまるのではないかと、ふと思いました。

 ネットで検索してみると、適齢期の女性の不妊と睡眠不足の関係の話しはいっぱい出てきましたが、子供時代の睡眠不足と不妊の関係の記事は、睡眠中に分泌される物質の研究がまだ新しいのかあまりありませんね。

 
 あとで、後悔しないように、子供はしっかりと寝させるべきでしょうね。

スマホ汚染

新宿で女子大生が大量に倒れる

死を生み出している産業

札幌麻生個別指導のホームページへ
ブログタイトルをクリックすると新しい記事から順に読めます

テーマ: - ジャンル:学校・教育

そろそろ入塾後の初試験で生徒の点数上げるのも限界かな……
 最近、成績上位の子達が集まってきました。上位といってもトップグループの中でも上位というわけではないので、将来、大学受験で国公立大学レベルを狙うとするならかなりの努力が必要な子達です。

 能力を上げるように生活習慣から見直して欲しいと思うのですが、部活などで忙しく、夜寝るのが11時位だそうです。学力的に転落していくのが目に見えています。期末試験程度では、直前のドーピング的対策も可能なので、高得点をとりますが、みかけの学力にすぎません。

 広範囲の試験になればなるほど、高校に行って内容も濃くなればなるほど、覚えられないもどかしさを感じるでしょう。今時点で500点中470点も越えられていないわけですから。
 私達の世代から見ると今の試験はとても簡単なものです。難問・奇問もなく、ほぼ教科書とワークから出ています。少し暗記力があるだけで軽く400点は越えられます。


 ただ、塾が10時近くに終わる場合は、睡眠時間、手のうちようがないですね……

 私の所も当初、中学生は夜10時までの授業の設定していましたが、睡眠の重要さを再認識してからやめました。
 経営的には、コマ数が増え、部活終了後の生徒も取り込めるので助かるのですが、能力落とすのわかっていて、生徒に無理をさせ、見かけの点数を上げて喜ばせるとか、なんか詐欺みたいに思えて、嫌だったんですね。ただ、せっぱつまってとかの緊急避難的なものについては対応しようと思っていますが。

 今回、英検4級を受けた子も、生活習慣の改善を意識させるために落としたほうがいいのか迷いました。もともと成績のいい子なので、不合格がショックなればという思いもありました。結局、合格するように手を貸しましたが、本人のためには、良くなかったのではと思っています。

 合格やいい点数を取ってくると、子供や親自信それで満足してしまうでしょう。内申落とさない程度に、悪い点を取ってきて、親や本人が、生活習慣について自覚する方が重要な気が最近はしています。

 生活習慣悪いまま、直前対策で点数をあげてしまう功罪というのも最近考えてしまいます。上位層が入ったからなおさらです。上位層といっても今のままでいったら大学受験で苦労するの目にみえていますし。


 上位層で、突き抜けてさらに上に行くためには、勉強時間以外のことも必要です。直前対策で高得点取らせることも害の部分があります。

 そう考えると、入塾後の試験で、いい点取らせるのもどうかと思っています。内申もからむし、成績が上がらないと塾の実績の評判も落ちるので、難しいところですが、子供の成長を長い目で見られる保護者とだけやりとりするのもありかなと最近は思っています。



スマホ汚染

新宿で女子大生が大量に倒れる

死を生み出している産業

札幌麻生個別指導のホームページへ
ブログタイトルをクリックすると新しい記事から順に読めます

テーマ: - ジャンル:学校・教育

睡眠時間と記憶力の関係
 数ヶ月前に睡眠時間と海馬の関係についての報道がありました。海馬といえば記憶にかかわるところ。睡眠時間が長い方が海馬の体積が大きくなるそうです。

 意外だったのが、海馬の体積の小ささとストレスやうつ病、高齢者でのアルツハイマー病などに関連があるのではとの報告があること。

 やはり、睡眠は脳も含めいろいろな体の修復にもかかわっているのではないでしょうか。幼少時から大人になるまでの睡眠時間とがんの発生率などについても知りたいところです。

 
 眠りを阻害すると海馬が小さくなるかもしれないと、この研究成果を発表した瀧靖之教授は言っています。せっかく海馬が大きく育ってきても夜更かしをして受験勉強をしていると……

 まあ、今の時代に夜遅くまで子供に勉強させるなんて、情報弱者でしょうが……

 最後に瀧靖之教授の言葉

 「東北大学の医学部に入ってくる学生たちはそれなりに優秀ですが、聞いてみるとみんなよく眠っています。僕自身、大学に入るまでは夜の10時前に布団に入って朝の6時半に起きる生活でした。」

 

スマホ汚染

新宿で女子大生が大量に倒れる

死を生み出している産業

札幌麻生個別指導のホームページへ
ブログタイトルをクリックすると新しい記事から順に読めます

テーマ: - ジャンル:学校・教育

四当五落
 最近の調査で東大合格者が受験生時代は毎日七時間位寝ていることがわかったというのは塾関係者なら知っている人も多いと思います。では、昔はどうだったか?

 以前から、「四当五落」をくつがえすデータがないかと思っていました。そしたら、たまたま偶然に昔のデータが載っている本を見つけました。
 
 旧七帝大の合格者でも平均約八時間寝ています。四当の四時間の二倍も寝ています。いかに「四当五落」が根拠がないかわかります。眠る間を惜しんで深夜まで勉強しろとかいう指導者には注意した方がいいですね。
 気になるのは、この当時の合格者たちが、小学生の頃は何時間位寝ていたかということです。非常に興味があります。

 小学五、六年位で夜九時まで塾通いして睡眠を削った場合、どのくらい将来的に脳にダメージがあるのかも気になるところです。どの程度、高校で学力が失速するかというデータもあれば見てみたいです。

 夜遅くまで授業をさせるのは、本人達のためというより塾側の都合の方が大きいような気がします。たくさん授業料を取るためには、それだけ授業のコマ数が必要ですからね。




 私が読んだのは和田秀樹氏の著書ですが、データの出典は、「京都大学教育学部紀要Ⅳ」刈谷剛彦「教育改革の幻想」と記載されていました。


スマホ汚染

新宿で女子大生が大量に倒れる

死を生み出している産業

札幌麻生個別指導のホームページへ
ブログタイトルをクリックすると新しい記事から順に読めます

テーマ: - ジャンル:学校・教育

早寝早起きと成績、うちの生徒の場合
 睡眠時間や就寝時刻と成績の関係が言われていますが、うちの生徒の場合はどうなのか調べてみました。生徒数が激少なので、統計的に有意ではないと思いますが、参考までに。

 今まで来た道コン偏差値60前後以上の子が5名、全員が9時前に就寝か、遅くても9時頃には就寝。この時間帯に寝ている子は他に3名(うち2名は早生まれ)。つまりこの時間帯に寝ている子8名中5名が高偏差値。


 11時頃~深夜に就寝の子が今まで、5名来ました。そのうち4名が偏差値35未満。記号問題がたまたまあたり、確実に問題が解けたということがないレベルの偏差値です。
 
 
 学習障害などの発達障害のある子は成績がよくない傾向がありますが、発達障害の子は睡眠の質が悪いと最近わかってきたようです。そういう子に対して良質な睡眠が取れるような手立てがあれば、成績が伸びるかもしれませんね。
 最悪なのは、この子は出来ないからと寝る時間を削って算数や漢字の書き取りなどの特訓をさせることでしょう。どんどん睡眠時間が削られ発達が阻害される悪循環に陥ります。根性論の親なら特訓をやりそうです。親の学力は子供を伸ばす上でとても重要な要素ですね。学力のある親ならもっとまともな方法を調べて自らが勉強するでしょう。


 そういえば、てんかんの話題が最近ありましたが、てんかんは脳に問題があるといわれます。発達障害も脳に問題があるといわれます。そんなことを前に思っていたときにある雑誌の記事が目にとまりました。

 てんかんと発達障害/荻野竜也

 こころの科学157号 特別企画=てんかん の記事です。てんかんと発達障害の相関などについて書かれています。
 脳の研究がもっと進めば、発達障害の子が勉強ができるようになる方法が見つかるかもしれませんね。



 話がちょっとそれましたが、睡眠は、とても重要だと思います。もっと注目されてもいいのになと思います。



スマホ汚染

新宿で女子大生が大量に倒れる

死を生み出している産業

札幌麻生個別指導のホームページへ
ブログタイトルをクリックすると新しい記事から順に読めます

テーマ: - ジャンル:学校・教育

子供の睡眠不足と将来の病気リスク
 中学受験のために深夜まで勉強している子達がいますが、将来どういう影響が出るか心配です。きちんとした親なら睡眠不足と脳の発達の関係などいろいろ調べているでしょうから問題ないのでしょうが……

 勉強以外で気になるのは、睡眠不足の子の将来の病気のリスクです。大人で睡眠不足の方が死亡率が高いという統計があります。子供の頃から睡眠不足だとこの割合がどのくらい上がるのか。
 
 睡眠には体の修復機能があるという研究もあります。修復がうまくいかず成長段階でそれをひきついで大人になった時の影響が気になります。

 現在でも子供の睡眠不足は生活習慣病リスクを上げるといわれています。頑張って夜遅くまで勉強して(深夜遅くまでの勉強だと効率が悪く成績のUPもたいしたことないでしょう)寿命を縮めているとしたら、子供がかわいそうな気がします。

 せっかくエコチル調査をやった子達、10歳位まででやめないで追加調査をして大人になるまでいろいろ調べて欲しい気がします。
 
 深夜まで勉強して成績がたいした上がらず、若年でがんなどの生活習慣病にかかったらこんなバカな話はないと思います。

 健康を維持できる体というのも子供にとって非常に貴重な財産だと思います。TPPで国民皆保険が怪しくなるならなおさらです。どこかの国みたく病気をすることが貧困層への転落の確率を上げるみたいなことにはなって欲しくはないですが……

 中学合格の価値を過大評価させて商売というのもない話ではないと思うので、私も惑わされないように注意したいと思います。


PS
アクセス解析を見ると学習院大学からの訪問が…… 道内大学や道外国公立は多いんですが、珍しいです。何の記事でヒットしたんでしょう。気になります。

もじバケるリターンズがたまたま売っていました。馬がひとつ。鹿があったので、即買いしました。2つならべてみたらと言って小学生の子達が気づくのか試してみたいと思います。中学生の子は笑ってました。

昆虫グミ図鑑手にいれました。なかなか売ってませんでしたが、なんとか探しました。5種類あるんですね。そのうち恐竜も見かけるかもしまれません。


スマホ汚染

新宿で女子大生が大量に倒れる

死を生み出している産業

札幌麻生個別指導のホームページへ
ブログタイトルをクリックすると新しい記事から順に読めます

テーマ: - ジャンル:学校・教育

睡眠と知能指数
 文部科学省も早寝早起き朝ごはんと言っていますが、生活習慣と学力の関係はかなり相関があるようです。

 山口県山陽小野田市の小学生全員(3700人)を対象にして行った調査で次のようなものがあります。


 8時以降9時までに寝る生徒の学力と知能が最も高く就寝時間がおそくなるにつれて学力検査の点数も知能検査の値もどんどん下がっていく。

 小学生の夜更かしは知能の発達に悪影響を与えそうですね。


 睡眠不足といえば、最近ネットニュースで以下のような記事を見ました。


  睡眠不足の脳、覚醒時も部分的に居眠り


 睡眠不足だと数学の応用問題の点数が下がるということにも関係していそうですね。



 以下、ナショナルジオグラフィックからの引用です。ネタ元はNatureです。


 少しの睡眠でも大丈夫と思っている人には、ハッとするようなニュースだ。完全に覚醒しているときでも、脳の一部は「居眠り」している可能性のあることが、ラットを使った最新研究によって明らかになった。


 ラットを睡眠不足にして脳の電気的活動を観察したところ、問題解決をつかさどる脳の領域が一種の“局所的睡眠”に陥っていたことが明らかになった。この状態はおそらく、睡眠不足のヒトにも生じていると研究チームは述べている。


 驚くべきことに、脳の一部が睡眠に似た状態に陥っていても、「(ラットの)覚醒状態が通常と異なることは傍目にはわからなかった」と、ウィスコンシン大学マディソン校の神経科学者で今回の研究を共同執筆したジュリオ・トノーニ氏は話す。局所的睡眠の状態にあるときも、脳の全体的な活動はラットが完全に覚醒していることを示しており、行動にも異常は見られなかった。


 この局所的睡眠という現象は、「意義は不明だが興味深い観察事例というだけでなく、実際に行動に影響を及ぼす。つまり、ミスをするようになるのだ」とトノーニ氏は言う。例えば、前肢を使って砂糖玉を取るという難度の高い課題をラットに与えたところ、睡眠不足のラットは成功率が低かった。


 研究チームは、ラットの頭部に脳波センサーを取り付け、脳の電気的活動を記録した。ラットが覚醒しているときには、予想通りニューロン(脳内で信号を受け取り伝達する神経細胞)が高頻度かつ不規則に発火した。


 一方、睡眠中はニューロンの発火頻度が下がり、脳波は規則的に上下するパターン(徐波)を示した。ノンレム睡眠(急速眼球運動を伴わない睡眠)と呼ばれるこの状態は、ラットやヒトの睡眠全体の約80%を占める。


 トノーニ氏によれば、通常「ラットはしょっちゅう昼寝をする」が、研究ではおもちゃを使ってラットの気をそらし、数時間眠らせないようにした。その結果、過労状態となったラットでは、大脳皮質の2つの領域において、ニューロンが本来なら睡眠時に現れる徐波を示した。


 覚醒している脳の一部が睡眠状態に陥る理由は不明だが、哺乳類が睡眠をとることと無関係ではない可能性がある。哺乳類がなぜ眠るのかは、今なお残る謎だとトノーニ氏は話す。


 有力な説は、ニューロンは常に新しい情報を「記録」しているため、自らをリセットし、また新たな情報を記録できるように、どこかの時点で「スイッチをオフ」にする必要があるというものだ。


「この説が正しいとすると、(睡眠をとらずにいた場合)どこかの時点でニューロンは飽和し始め、受け取れる情報の量が限界に達することになる」。そのため、ニューロンは「休息してはならないときに休息をとる」ようになり、その代償として「馬鹿げた」ミスをしでかすとトノーニ氏は言う。


 トノーニ氏によると、睡眠不足は危険な事態を招きかねず、しかもこの種のミスは今後、増える可能性があるという。


 理由のひとつは、睡眠時間の短い人が増えていることだ。米国疾病予防管理センター(CDC)の2008年の調査では、一晩の睡眠時間が7時間未満という人が米国の成人の約29%を占め、また慢性的な睡眠障害や覚醒障害に悩む人は5000万~7000万人に上った。米国睡眠財団によると、一般に成人には1日約7~9時間の睡眠が必要だという。


 さらに重大な問題は、たとえ眠気を感じていなくてもミスをする可能性があることだとトノーニ氏は警告する。「自分では元気一杯だと感じていて、問題なくやれているつもりでも、脳の一部領域はそうでない状態の可能性がある。その領域は、判断や決定をつかさどる場所だ」とトノーニ氏は述べた。



 この説が正しいとすると、夜遅くまで長時間勉強するのは最悪ということになりますね。実際、小野田市の調査で、知能が一番低かったのは毎日の勉強時間が0分の子達でしたが、次に低かったのは4時間以上勉強している子達でした。1分から4時間までの子とだいたい知能指数で平均10の差があります。

 その他、朝食、読書などとの関係も調査されています。ネットなどで検索をかければ小野田市の調査のことが書かれたサイトがたくさんありますので参考になると思います(教育関係の書籍にも小野田市の例が書かれているものがあります)。


スマホ汚染

新宿で女子大生が大量に倒れる

死を生み出している産業

札幌麻生個別指導のホームページへ
ブログタイトルをクリックすると新しい記事から順に読めます

テーマ: - ジャンル:学校・教育



にほんブログ村 教育ブログへ
リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



カテゴリー



FC2カウンター



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
108位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
12位
アクセスランキングを見る>>



プロフィール

sapporoedu

Author:sapporoedu



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログランキング

FC2ブログランキング



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる