札幌で個別指導塾開業を目指す三十代男性の日記
 現在、札幌在住の30代の私(40代突入しました)が、個別指導塾開業を目指す過程をブログにしてみようと思いました(開業しました)。教育関係のことなどもいろいろと書き込みたいと思います。 リンクフリー
ワクチンと自閉症の関係 アメリカの公聴会 2012/11/29
 ワクチンと自閉症の関係は長年疑われていますが、昨年、アメリカの議会で自閉症に関する公聴会があったようです。

 個人的には、産まれてきてすぐに打つワクチンに懸念を持っています。三歳や四歳なら打ってすぐに異変に気づけるかもしれませんが、乳幼児だと、ワクチン打たなければ自閉症にならなかったのに打ったために様子が変わったということになかなか気づけません。

 つまり、ワクチン打たなければ、障害もなく育ってきたのに、打ったために障害を持ったということに簡単には親が気づけないと思うわけです。一歳の時に4回も5回も打ったらリスクはものすごく跳ね上がるでしょう。
 三歳位で我が子の他の子との違いに気づいても、それがワクチン打ったあとにおき始めたことなのかどうか、普通はわからないでしょう。
 
 エコチル調査で、ワクチン接種回数と小中学校での成績の相関を是非調べて欲しいと思っています。


 このネット社会の世の中、製薬会社の秘密文書も流出してくるようになりました。それもワクチンのことがいろいろとわかってくる原因なんでしょうね。それと、お金が無くなってくると隠し切るのも容易でないのでしょう。アメリカのパキシル訴訟とかは有名ですね。ああいのうで、相当、国民から怒りを買ったのでしょうね。やりすぎたということでしょう。
 
 たばこ会社の機密資料が流出して、ネットにアップされ、ここ10年位で世界中に急速に嫌煙の流れが出来たように(日本はとても遅かったですね。アップされたものが英文ということもあったのでしょうか)、製薬会社もこれからいろいろと糾弾されそうな気がします。

自閉症に関する公聴会

 全編、英文なので、さとう先生の所の説明を抜粋させてもらいます。

 13分頃、Burton議員によってワクチンそのものは必要なものという発言があり、水銀説、チメロサール説にもっていこうとするのがわかる。
 証人の Dr.Guttmacher M.D、Boyle ph.D.もはっきりしたことを言わない。
 議長のMr.Issa はワクチンとの関係を聞こうとするが、沢山の要因が複雑にからみあっているいるというような言い方ではっきりしたことを答えない。
 Cummings議員は frustrating という。
 Burton議員によって、水銀による脳障害のビデオが上映される。
 このビデオではアルミニウムは脳細胞を傷害しないと! これは違う。
 58分ごろ、Boyle ph.D.が話したとき、会場から批判の声が上がるようだ。
 (うまく聞き取れず)

 Part 2 の50分ごろ、女性議員のMs. Maloney が2月おきに6本のワクチンを射っていることを問題にしている。ワクチンを射った後おかしくなったという証言(verbal evidences)がある、何故CDCは取り上げないのかというようなことを言っている。
 彼女自身はワクチン賛成派 (pro-vaccine) だといって、CDCを追い詰めるわけではない。



スマホ汚染

新宿で女子大生が大量に倒れる

死を生み出している産業

札幌麻生個別指導のホームページへ
ブログタイトルをクリックすると新しい記事から順に読めます

テーマ: - ジャンル:学校・教育

Hib(ヒブ)ワクチン、小児肺炎球菌ワクチン接種後の死亡報告が28人
 一時、接種見合わせ後、接種後の死亡数は増えて、今は28人になっています。全て報告が上がっているわけではないですし、子供が突然死したとしてもワクチンとの関連を親が気づくかという問題もあります。ここが、ワクチン被害の最初の難関。

 宮城の佐藤先生が、ワクチンの接種回数と平均乳幼児死亡率の関係の資料を紹介していました。

なんと、相関係数 r=0.992

 
 これが、全てでしょう。真実は。

 ワクチン打って、その日や次の日になくなっても因果関係なしと判断される。親としては、くやしいでしょうね。
 
 佐藤先生がいろいろ詳しく書いているので、くわしくは、こちらを見てください。

 Hib,小児肺炎球菌ワクチンで28人の乳幼児が死亡している! 日本の話です。


スマホ汚染

新宿で女子大生が大量に倒れる

死を生み出している産業

札幌麻生個別指導のホームページへ
ブログタイトルをクリックすると新しい記事から順に読めます

テーマ: - ジャンル:学校・教育

マイコプラズマ肺炎急増
 マイコプラズマ肺炎が過去10年間で最多だそうです。

 以下、時事ニュースの記事

 例年、冬に流行するマイコプラズマ肺炎の患者が今夏急増し、高止まりしていることが29日、分かった。国立感染症研究所(東京)に毎週報告される患者数は6月下旬に過去最多となった後、9月に再び更新。現在も昨年の2倍で推移している。

 1月から今月18日までの累計は同1.4倍の8528人で、記録の残る1999年以降で最多だった昨年1年間の1万333人を上回る勢いだ。  同研究所の安井良則主任研究官は「通常は夏に増えても秋には減るのに、むしろ増えており注意が必要だ」と指摘する。 


 なんか、最近、いろいろとワクチンのこと調べていたので、考えすぎかもしれませんが……

 前にアメリカの医師の動画を見たとき、ワクチンはウィルスやマイコプラズマに汚染されていると言っていたので、去年からの輸入ワクチン(ヒブ、小児肺炎球菌、子宮頸がんワクチン)を打った人たちの中に、マイコプラズマがたまたま肺に到達した人たちが一定数いて、そのために高止まりなのかなと考えてしまいました。去年の10月辺りから増えてますし…… 
 7月から急増とNHKのニュースで言っていましたが、この時期って夏休みを利用してワクチン接種に行った人も多いですよね。

 http://www.jiji.com/jc/v?p=ve_soc_health20110929j-01-w370haien
 時事ドットコムのニュースにはグラフ載っていますが、季節変動調整後のグラフが見てみたいですね。

 私が以前、見たという動画はこちらです。マイコプラズマにふれているパートです。

 ワクチンと脳疾患とのつながり?
 

スマホ汚染

新宿で女子大生が大量に倒れる

死を生み出している産業

札幌麻生個別指導のホームページへ
ブログタイトルをクリックすると新しい記事から順に読めます

テーマ: - ジャンル:学校・教育



にほんブログ村 教育ブログへ
リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



カテゴリー



FC2カウンター



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
12位
アクセスランキングを見る>>



プロフィール

sapporoedu

Author:sapporoedu



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログランキング

FC2ブログランキング



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる